人気ブログランキング |

リゾート周辺の景色

フェアーバンクスでは、オーロラを見るのが人気のアクティビティ。
ツアーで来られた方たちは、夜遅くまでオーロラ・ハンティング。
なので朝の露天風呂は人が少なく狙い処。

d0356844_05262301.jpg

更衣室のロッカーが小さいし、温泉を出た後は暑いので、
嵩張る上着を着ずに走って露天風呂へ。
温泉に近い部屋で幸いしました。
狙い通り、私達の貸し切り状態♪


9時、遅めの空いたレストランで朝食。

d0356844_09274506.jpg


アラスカムードたっぷり。

d0356844_09254411.jpg


昨日より良い天気♪
その分冷え込んでいて、気温は 5°F / -15℃

チェックアウトの際フロントデスクのスタッフが、
「今年は暖冬だ」と。
そのせいか、ハウスキーピングの男性スタッフは、この寒い中Tシャツと短パン姿。(@@;
いくら暖冬だとは言え、結構冷えてますよ。^o^;
前回13年前は-45℉= -42.7℃ だったのをはっきり覚えています。
驚きましたから。(* ´艸`)クスクス

このリゾートと露天風呂の周りを散策。
風景を残しますので、さら~っと見て頂ければ幸いです。


d0356844_05395312.jpg

1


d0356844_05421599.jpg

2


d0356844_05423046.jpg

3


d0356844_06021774.jpg

4


d0356844_05575703.jpg

5


d0356844_05433643.jpg

6


d0356844_05435069.jpg

7


d0356844_05442499.jpg

8


d0356844_05444204.jpg

9


d0356844_05445833.jpg

10 「これらの池は、カモとムース専用。」


d0356844_05451545.jpg

11


d0356844_05455163.jpg

12


d0356844_05460896.jpg

13

この先、極寒のネイチャートレイルへ進みます。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2019-02-09 10:00 | Trip | Comments(10)

初日のフライト・キャンセルで、一日押してしまったので

d0356844_13071040.jpg

J はこの日、残りの半日ミーティングに出席。
それでも参加出来て良かったみたい。

その後、Fred Meyer で買い物。

d0356844_12554742.jpg

うちの町ではこういう大型店はないので
見て歩くだけで気持ちが高まる。

この店、アンカレッジでよく利用していますが、
ここの店舗は2階から店内を見下ろすことが出来て、圧巻!


d0356844_12555772.jpg

いろんな食品や生活用品がいっぱーい!
いいな~ いいな~ いいな~~~~!o(^o^)o
新鮮な野菜や果物が何時でも手軽に、お手頃価格で買える、
私もそんな生活がしたい!
今回は飛行機なので、スーツケースに入る分だけ買い物。


d0356844_13082103.jpg

せっかくフェアーバンクスまで来たので
" チナ温泉 "で1泊。


d0356844_13094610.jpg

(⇧山の上まで道が続いているように見えますが、途中で右折。)

「チナ温泉」とカーナビに入れると、「Chena Hot Spring Rd」と出た。
以前行ったときには2,3時間ドライブした記憶があったのに
ナビに標示された距離がとっても短い。(・・?
「新しい道路が開通して近くなったのかな?」と思ったら、
その距離は、「Chena Hot Spring Rd」と言う名の道路に到達するまでの距離。^o^;


d0356844_13122699.jpg

そこからは、カーナビに表示されない道を進む。
外気温 17°F / -8.3℃

行けども行けども案内標識が何もなく、それらしきものがあっても雪が被ってて見えない;
このまま進んでいいのか?どこかで曲がるのか?
そして出発から約2時間後、


d0356844_13193657.jpg

この道の終わりが Chena Hot Spring Resort


リゾート施設内に入ってすぐ目に入るのは、
アイス ミュージアム
中で氷のグラスでアップル・マティーニ $15 が飲めますが、
寒すぎてパス!

こんなジェット機のオブジェ、↘ 以前あったっけな?
この敷地内に小型機の滑走路があり、飛んでも来れます。

d0356844_03101361.jpg

⇧写真下は、新しい設備 再生可能エネルギープロジェクト - Renewalbe Energy Project


d0356844_13521133.jpg

チェックインは15:00
前回来た時は13:00頃到着したので15:00まで待ちましたが、その後も待たされ・・「おぇ~!」
荷物を車に置いたまま温泉に入り、夕食を食べ終えても更に待たされ;「やぇ~!」←おぇ~の別バージョン
その間何度もフロントデスクに行って何度も催促はしたものの、
や~っと部屋に入れたのが20:00;と苦い思い出。(~~;


d0356844_13533999.jpg

「今回は大丈夫かぁ~」と不安でしたが
15時過ぎに入れました!ε=(・o・*) フゥ

そして早速露天温泉へ。
ここの露天風呂は、北米では非常に珍しい「源泉掛け流し」(北米唯一?)温泉。

写真(2枚)☟は、chena hot springs resort画像からお借りしました。

d0356844_13582878.jpg


露天風呂は幅が43m、深さは1mほど。
この深い温泉は、信州上諏訪の片倉館を思い出す。
底は砂と砂利のMix. 
場所によって湯が熱かったりぬるかったり。
周りの岩がごつごつしているので、足など怪我をしないように注意。
水着着用で男女混浴、18歳未満入浴不可。

d0356844_13584992.jpg

⇧下手に髪を濡らすと凍ります!
湯気でも凍っちゃいますけどね。
湯気のしずくで、氷のイヤリングが出来ていました。

運が良ければ!オーロラを眺めながらの入浴。
私達は今回も観ることが出来なくて残念;
前回も一泊だけの滞在だったので、仕方ない。


この露天風呂の別に、小屋の温泉もありますが
そこから中国語が盛大に溢れていて中国人観光客が占領している様子;
若い日本人女性2人が露天風呂に入るや否や、「日本人居ないよね?」って話していたので
「いるよ~!」って言えばよかったかな。(* ´艸`)クスクス


夕食はリゾートのレストランで、カラマリと鴨のサラダを。
どちらも美味しく、
特にサラダはここの「温室菜園プロジェクト」で採れたものでとっても新鮮!(^o^)b

d0356844_14155085.jpg

デザートに、名前を忘れてしまいましたが、「クリームチーズとバナナの包み上げ」的スイーツ。
揚げてありますが重すぎず、熱々で美味しかった♪


夜は冷え込みが厳しくなりましたが、温泉で温まり、
久しぶりにゆったり出来ました。
翌日は勿論朝風呂から♪


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2019-02-08 21:00 | Trip | Comments(20)

J と最後のD.C.観光

d0356844_07425053.jpg

まずは、
Thomas Jefferson Memorial / ジェファーソン記念館。

ポトマック河畔の桜並木は、世界の名所の一つになっています。
この桜は明治の終わりごろに、アメリカのタフト大統領夫人の希望により、
当時の尾崎行雄東京市長がプレゼントしたものです。byワシントン桜物語


その桜の木は現在約3000本!綺麗だろうな~ 見たかったな~
でも今年は蕾が凍ってしまったと聞いています;

d0356844_07465945.jpg

Thomas Jefferson / トーマス・ジェファーソン は、第三代アメリカ合衆国大統領。
建国の父達の一人、
また
独立宣言を起草し、独立憲法の主要作者でもあり
アメリカ人にとっては象徴的で権威的な人物。
$2札の表には彼の肖像画、裏のデザインは独立宣言署名の画。
d0356844_07512463.jpg

手に持つのは、何の書類だろう?

トーマス・ジェファーソンの名言集

健全な身体を作りなさい。
そこには力強い精神が宿る。

***

過去に何があったかよりも、
未来に何があるかということに
私は興味がある。

***

自身の信念だけは、
岩のように微動だにしてはいけない。
しかし、それ以外の事は、譲ってしまえばいい。

***

腹が立ったら、 十まで数えなさい。
それでもおさまらないなら、百まで数えなさい。
それでもダメなら、千まで数えなさい。

***

幸せを与えてくれるのは、富でも豪華さでもなく、
穏やかさと仕事である。

***

一生懸命やればやるほど、
幸運に恵まれることを、
私は発見した。

***



立派な人だなぁ~
今迄トーマス・ジェファーソンについてあまり詳しくなかったので
今回とても勉強になりました。


178.png 174.png 178.png


CirculatorRed Line に乗って、(Georgetown へは Yellow Line)
次は、ホワイトハウスへ。

途中、警察の車や警官がとても多く感じ、
17th St は彼らとその車で埋め尽くされ、完全通行止め。
事故か事件でもあったのかしら?と。
そしてホワイトハウスの横の道路に通りかかった時、

d0356844_07371164.jpg

ここでも車が止められ、
ついに歩行者まで一塊に集められ、「その場を動いちゃいけないっ!」って。

一体何事?って思ったら、

d0356844_07351075.png

大統領と思われる、厳戒態勢な一連が通りました。

まずポリスの車約8台、次にK-9 (警察犬)の車2台、
そしてバイク約10台、黒塗りの車10台ほど、
そしてVIPのリムジン2台、
そして黒塗りの車6台ほど、撮影の車、救急車、
黒塗りの車数台、バイク10台ほど、そして最後にポリスの車数台。
周辺の路上には更に、あちこちに警察官、自転車警官が5台ほど、
私の後方にはライフルを持った警官2人。

流石は大統領のお通り。
でも毎回こんな大ごとな交通規制、警備があるって、
D.C.の一般の人たちも車も大変だなあ。

そしてホワイトハウスの北側ヘ。

d0356844_07365248.jpg

⇧これは、私が24日一人で訪れた時の物。大雨になって大変だった;

d0356844_07373509.jpg

⇧これは26日、あの大騒動の交通規制の後。
これは人が全然いないのではなく、

d0356844_07380293.jpg

24日よりもはるかに沢山の観光客。
この日はホワイトハウスにVIPが居るせいか、皆道路を挟んだこっち側へ。
道路に一歩でも足を置くと、警官に
「足を下すな!歩道の上だけに留まっていなさい!」と怒られてました。

観光客の他に、

d0356844_02410594.png

いろいろ訴えている人達も。(↑24日の撮影)


私は今回2回、環境も天気も違うホワイトハウスが見れました。
24年前は、ホームレスばかり沢山居たこのホワイトハウス前、
(調べたら、当時の大統領は William Jefferson "Bill" Clinton / ビル・クリントン)
ずっと引きずっていたその⤵な印象が今回塗り替えられました。

そしてこの後、私達は Georgetownヘ行ったのでした 。


***** Thank you for visiting f's note *****


by fsnoteak | 2017-04-26 22:00 | Trip | Comments(14)

Georgetown 24日&26日

24日 月曜日、
J は丸一日ミーテイングなので、私は一人で街へ。
後日、同じく出張で訪れているJ のボスと一緒に外出する予定なので、
ナショナル・モール観光はとっておかないと・・・
という事で、Georgetown / ジョージタウン ヘ行くことに。

d0356844_02054624.jpg

ジョージタウンも人気スポットなのに
地下鉄が通ってないし、メトロバスは複雑そう・・・雨の中歩くにはちょっと遠い。(が宿泊ホテル)
" Circulator " なるモノを見つけたのでそれに乗ってみた。

d0356844_02285426.jpg

Circulator / サーキュレーター はDC市内の循環バス。現在6路線あり。
料金は$1。運行開始当時から値上げされてないのだそう。
バリバリ移動して観光する方には更にお得なパスもある。

観光客は勿論、地元の人たちにも愛用されているようです。

d0356844_02345905.jpg

Georgetownはお洒落で素敵な街。
この界隈は D.C. よりも歴史があるのに、近くの大学生のおかげで若々しい空気をまとっている。
その大学とはジョージタウン大学。政治や国際関係などの学問に関しては世界屈指の大学。
ビル・クリントン前大統領はここの卒業生。

また非公認だけど、DCのカップケーキの首都だそう。
以前お茶したカフェは・・・全然記憶になし;
24年も経てば街も変わりますよね。

d0356844_03413475.png

メイン通りの横道に入ると、
緑の多い、お洒落な住宅も沢山。

d0356844_04024585.png

d0356844_04064496.jpg

この日は雨だったのがちょっと残念;

さて、ここでクイズです!

d0356844_04092273.jpg

これは何の階段でしょうか?
peko_tinさんはおわかりになるかも。
答えはあとで。

178.png175.png178.png

26日には J と一緒に再訪。

d0356844_04123142.jpg

この日は傘不要♪

d0356844_04135818.jpg

小洒落たベーカリーを見つけ、お店の奥のテーブルでランチ。

d0356844_04140829.jpg

J はイタリアンなサンドイッチ、
私はバター・クロワッサンと、ホウレンソウとフェタのパイを。
やっぱり一人より二人が楽しい、美味しい♪

d0356844_04181332.jpg

この後、J はデザートも忘れずに。


さて、クイズの答えです。

d0356844_04280089.jpg


1973年オカルト映画の金字塔、THE EXORCIST / エクソシスト で
デミアン・カラス神父が階段に身を投げる衝撃的なラストシーンのロケ地、でした!
私は映画を全部観ていないので「ふう~ん」って程度でしたが、
40年後も記念の集いがあるなど、ファンには今でもホット・スポットなんですね。
私は上から降りてきましたが、とっても急で、落ちやすく;絶対痛い階段です。^o^;
こんな健全で素敵な街に、ちょっと不似合いなスポットな感じが無きにしも非ず、ですが。f(^^;

ワシントン D.C. がロケ地となった映画を調べてみたら、沢山ありました!
私達が実際に歩いた、見た場所があったら、映画をより楽しめそうです。


***** Thank you for visiting f's note *****


by fsnoteak | 2017-04-26 16:49 | Trip | Comments(10)

D.C. 街角ショット

街のあちこちで見かけた、" バイクシェアー " の赤い自転車。

d0356844_06223033.jpg

レンタル自転車と違って、シェアースポットのどこででも返却、また借りることが出来るのだそう。
そのシェアースポットの数なんと160か所! (D.C. & その近郊)
お天気が良ければ、自転車でD.C.観光も楽しそう♪
運動にもなる!

d0356844_06223986.jpg

歩行者青信号の長さを表す秒表示。
画はなんてことないのですが・・・・・
D.C. 内、George Town も含めて、信号によって秒数が全然違うっ!
また、30秒とか60秒とかキッチリしてなくて
26秒とか、48秒とか、52秒とか、横断歩道が短くても82秒とか、中途半端な秒数ばかり。(?_?)
でもその為か、横断歩道では秒数を何時になく確認して渡ることに意識が集中。
それ、狙ってるのかなあ?

また、
歩行者青信号を無視する人がいっぱい!
車が来なければ、赤信号でもドカドカ渡っちゃってて・・・・
D.C.の人達、忙しいせい?


National Mall 周辺は、カフェやレストランがない。
その代わり、

d0356844_08370841.jpg

ギッチギチに駐車したフード・トラックが並んでいます。
今回は食べるチャンスなくて残念;


d0356844_06224980.jpg

MASONIC TEMPLE
ベンジャミン・フランクリン(アメリカ合衆国建国の父達の一人/米100ドル紙幣に肖像)や
ジョージ・ワシントンがここを訪れたの・・・かも?

d0356844_06225705.jpg

この近辺を何時通っても、道路を挟んで観光客の長蛇の列。
その先は、「ピーターセンハウス」。
左のレンガ色の建物が、リンカーン大統領暗殺現場のフォード劇場。
狙撃された大統領は、通りを隔てた ウィリアム・ピーターソン 宅へ運ばれ
翌朝56歳の生涯を閉じた。
これら劇場とピーターセンハウスは、共にフォード劇場国立史跡となっています。
ん~、いくらリンカーン大統領の歴史的場所でも、亡くなった家は・・・と私達はパス。


私達のホテルは、

d0356844_07553271.jpg

チャイナタウンの中!
D.C.に中華街があるとはちょっと意外。

d0356844_07554037.jpg

干支の横断歩道。

d0356844_07555099.jpg

店やビルのサインのほぼ全てに、+中国語表示。
時々気持ちがD.C.から離れ、中国に居る気分。

d0356844_08030388.png

「へえ~中国語だとこうなるんだ~」って興味深く思うやら、ちょっと笑っちゃうやら。


一人でホテルへ帰る途中、「ハロー」と中国系の男性。
USでは街で挨拶をされるのは普通なので、「ハロー」と応えたら、
その直後、機関銃の様な中国語で何か話しかけてきた・・・・
だからぁ~、私は中国人じゃない!ってば;
ホテルがチャイナタウンの中って知った時から
嫌な気がしてたんだよね~;


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2017-04-25 21:00 | Trip | Comments(10)

まずは、National Mallから

D.C.滞在初日の日曜日、

d0356844_06355538.jpg

雨の心配をよそに、青空!

d0356844_06365956.jpg

歴史や文化を思わせる、素敵な建物を眺めながら街を歩く。

Washington, D.C. = Washington District of Columbia
ワシントン コロンビア特別区 ⇨ これを和訳する場合コロンビア特別区ワシントンとなる。

by Wikipedia


アメリカ合衆国の首都。50州のどの州にも属さず連邦政府直轄の「特別行政区」。
その名前は「アメリカの祖」と言える二人の偉人、
ジョージ・ワシントン初代合衆国大統領と、アメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンバスから由来。
都市造りの面ではフランス人のピエール・シャルル・ランファン設計の「造成公園都市」として知られている。

by

この日仕事がOff の J と、まずはNational Mall / ナショナル・モール へ。

d0356844_12083774.jpg


ナショナル・モールとは⇧グリーンの部分、ワシントンD.C.中心部に位置する国立公園。
国有の美術館や記念館に沿って庭園と緑地が広がる場所であり、観光地として知られている。

ナショナル・モールの中心辺りから見ると、

d0356844_12163688.jpg

東に、アメリカ合衆国議会議事堂

d0356844_12165697.jpg

西に、ワシントン記念塔がち~~さく見えて
ナショナル・モール は、か・な・り・広い。
24年前に来た時は、人々が芝生の上で寛いでいたけど今回は立ち入り禁止。
その時は丁度桜の終わりの時期の強風で、
桜吹雪・・というより、” コーンフレークの嵐 ” で痛かった思い出が蘇る。

ここは歩くだけでかなりいい運動。
この時は8時半くらいだったのでまだ人出も少ない。

ワシントン記念塔を通り越して、

d0356844_12301039.jpg

映画「フォーレスト・ガンプ」で幼馴染であるヒロインと再会の名シーンのロケ地、
Reflecting Pool / リフレクティング・プールを通って、

d0356844_12302767.jpg

アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンを記念して建立された、大統領記念建造物の一つ
Lincoln Memorial / リンカーン記念堂 へ。

d0356844_12303835.jpg

d0356844_12304814.jpg

リンカーン大統領の坐像は巨大ですが、
記念堂がさらに大きいので予想より小さく見える・・・・

d0356844_12305633.jpg

リンカーン大統領は現在でも人気大統領のTop 3 に入るそう。

リンカーン記念堂からの景色は、

d0356844_12314205.jpg

こんな感じ。

この後、

d0356844_13055483.jpg

National Museum of Natural History / 国立自然史博物館 と

d0356844_13084605.jpg

そして National Gallery of Art West / 国立美術館 西棟 を見学。

疲れた~!足が痛い~!
美術館・博物館めぐりは体力使います。


ナショナル・モール 周辺は、レストランやカフェが余り見当たりません。
ようやく見つけたレストランで遅いランチ。

d0356844_12325305.jpg

私はフィッシュ・サンドイッチ。J は、コーンビーフサンドイッチ。

d0356844_12330282.jpg

J のコーンビーフの厚さ!しかも肉だけ。
これぞ! " アメリカン " なボリューム。^o^


d0356844_12320985.jpg

左のレースの壁は、
National Museum of African American History and Culture / 国立アフリカン・アメリカン歴史文化博物館
花は、ナンジャモンジャの木。(たぶん;)

沢山の花々が咲き、鳥がさえずり、青空は見えたものの
陽が陰って風が出ると
寒がりの私は、薄いダウンジャケットが欲しいくらいまだ寒かったです。


***** Thank you for visiting f's note *****


by fsnoteak | 2017-04-23 21:59 | Trip | Comments(10)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。