2度目の歯根管治療

感謝祭前日の11/21、
先月受けた歯根管治療の部分が嫌~な感じ。
歯肉が炎症をぶり返したような圧迫感と腫れ、そして痛みも少々。
この週末は4連休だったので、「連休明けにDr. U に予約入れよう。」と。

それが日曜日、
痛みも腫れも引いて、「落ち着いたかな。」と思ったのですが
念のため、Dr. U に診てもらうことに。

X-rayを撮り、

Dr. U 「前回治療した一本手前の歯が炎症を起こしている。
前回X-rayを撮った時、この歯も怪しいってボク言っただろ。
しかも前回より炎症が酷い。こりゃこの歯も歯根管治療やり直しだな。」と。

えええー!一本手前の別の歯;
またあの辛い2時間治療を受けるの?(@@;

Dr. U 「根の治療が出来ていない上に、詰め物がギリギリまで詰まってるから上手く出来るかどうか?
前回と同じ、冠の上から穴を開けてやってみるけど、場合によっては冠を外さなきゃかも。
もし途中で歯が欠けてしまったら、抜歯しなきゃならん。」と。

落胆する話が続いたけれど、Dr. U にお任せするしかない。
この日は、腫れの為の抗生物質を処方してもらう。

d0356844_06445348.jpg

今回は9日分。

で、翌日にいざ!歯根管治療。
前回と同じく、「ラバーダム防湿」をセットされ、
眼を保護するメガネは、頭痛予防の為に自分のを持参。

やはり全工程に2時間強かかり、途中頭痛もおきてしまい辛かったけれど
冠を外すことも、歯が欠けることもなく無事終了。
やっぱりDr. U って素晴らしい!優秀な歯科医だと思う。


J 「それにしても、2か月連続で歯根管治療受けるって、どうよ?」
そうよね~ f(^^;

d0356844_06140890.jpg

前回の治療、$1180 のところデンタル保険がカバーして$381の支払い。
(USでは健康保険とデンタル保険は別が多い;)
今回もまた同じくらいかかるので、懐が痛いところですが
追加のトラブルも無くしっかり治してもらったので、感謝して払います。


18歳まで、歯の健康に対しあまり意識も注意もしていなかった私。
歯医者も、早く仕上げてくれる所に通っていた。
(その歯科医、夜逃げか何かして現在存在無し;)
東京に在住中、素晴らしい歯科医との出会いによって
歯に対する意識が生まれ、治療も定期検査も受けるようになりました。
しかし、それ以前の " ツケ " が今になって回ってきた。

もうそのツケが無いことを祈るのみ。


d0356844_07090553.jpg

花達に癒してもらっています。

歯は一生もの。
大切にします。


***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2018-11-28 21:00 | Helth | Comments(20)

歯根幹治療 新たな薬

左側の顎が痛み出し、一週間続いたので
10月4日、町で唯一の歯医者さんへ行くことに。
そういえば、前回突貫工事のような治療を受けたのも秋だった。

今回も歯ぐきの痛みで、「また同じトラブルじゃないだろうなあ・・・」と不安がよぎる。

レントゲンを撮ってみた結果、
Dr. U「奥歯の根の治療がちゃんと先端まで出来ていなくて、炎症を起こしている。
これはやり直しだ!」と。

この歯は、もう何十年も前に治療してメタルインレー(銀の詰め物)が入ってましたが
対人関係のストレスからか夜中歯ぎしりが酷くて、何度も外れ;
その度歯医者に行かなければならない+料金もかかるので、
帰省の際、かかりつけの歯医者さんで銀歯をお願いしたら
その歯科技工士さんが地元の知り合いの為、銀歯より見た目の良いセラミックで作ってくれました。
ところが;
私は食いしばりが激しいらしく、今度はそのセラミックが欠けて何度も作り直してもらうので、
「やはり強度のある銀歯を」と、当時住んでいたソウルの歯科医で被せてもらいました。
その曰く付きの歯、根の治療が悪かったなんて;

( 銀歯を外して治療して、作り直せばまた$400はかかるだろうなあ~ ) なんて考えていたら、

Dr. U 「冠を取らず、穴開けちゃう。」と。

信頼しているDr. U に任せて、 また今回も" 俎板の鯉 " です。

今回の新しい経験、
Dr. U 「ハロウイン仮装のようなのを付けるよ~」と、
ペラペラのゴム製シートみたいなのを口に被せられました。
患部以外を覆って、唾液の侵入・感染を防ぐためとか。

d0356844_03142617.png

こんな感じ。
「ラバーダム防湿」と呼ぶらしい。

大量に打たれた麻酔で根幹治療の痛みは全く無いものの、
治療の際にかかるプレッシャーに耐える顎は痛くなるし、
眼の保護の為にかけられた眼鏡が、顔の大きい私にはきつくて強度の頭痛を引き起こし、
普段痛みに強い私でも限界!
さらに私は顎関節症があるので、治療後口を閉じるのにも一苦労;

次の患者さんの予約時間を一時間遅らせてもらい、
治療に要した時間2時間越え;

本当は歯の表面仕上げが残ってましたが
時間的にも、私の忍耐力の限界もあって
蓋をして終了~


やれやれ・・・と帰宅したら
口の中に水膨れのような小さなものが15個ほど出来ていた;
J 曰く、「それはが治療中ラバーダムが擦れて出来たものだろう。」と。
それは数日後には消えたので、良かった。

やはり仕上げなしだと、歯の表面がざらざらで頬の内側を何度も噛んでしまったり、
単に皮膚に当たるだけで傷つき、血豆がいくつも出来てしまったので
再び行って表面をなだらかにしてもらいました。
その際、顎の腫れがまだ引いてなかったので抗生物質の処方箋5日分もくれました。

d0356844_03425660.jpg

手の浮腫みと痛みの薬が終わったと思ったら、
また新たな薬。

薬が続くと、
なんか、急に歳をとった気分;

薬を飲んで、あと数日の我慢です。


Dr. U のオフィスに飾ってあるキルト。

d0356844_03424605.jpg

御母様(日本生まれ、もしくは日系二世)が以前作られた作品の一つ、と伺いました。
その御母様は現在シアトルにて92歳でご健在。

Dr. U 「これ、最初逆さまに飾っちゃって、母に嫌味言われたよ。 」
と。(* ´艸`)クスクス

私もDr. U の御母様を見習って、何か作ろう!
と、やる気と元気を頂きました。


***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2018-10-09 19:00 | Helth | Comments(12)

もう何年も前、
脚にできた血豆がホクロのように変化し、ずっと気になっていました。

ソウル在住中、主治医からレーザー治療を受けたのですが、
かさぶたの様になり、そのまま残留。

最近表面がぷっくり盛り上がって、大きさ直径1㎝程になり
「これ、成長している?」


d0356844_14471217.jpg

写真:by providr

↑こんな感じで、表面が乾燥してガサガサに;<br>

23日、意を決してクリニックで診てもらいました。

まずは検査の為、麻酔をかけてこの黒い部分の一部を切除。
この麻酔が痛いっ!(>_<)
注射針も痛いけど、そのあと周りのゼイ肉を爪でつかまれるような痛さが走る;
それが済むと、もう楽勝~

29日、
電話で「悪性ではない、心配なし。」の結果で
ほっ!

そして今日、
患部の切除をしてもらいに再びクリニックへ。
再び痛い麻酔をかけて、そのあとの治療はチョチョイのちょい。

ただ、
その麻酔が切れた午後から傷が痛む;

d0356844_14580159.jpg

夜も痛いので、
あの歯の治療の際に買った Advil を服用。
クリニックで、抗生物質のクリームと絆創膏をくれました。

d0356844_15015628.jpg

ずっと気になっていたことが、これで解消出来てほっとしました。

でも今後も経過を様子見します。



早期診察、治療の大切さを教えてくれた 同僚Sさんに哀悼の意を表して。


***** Thank you for visiting f's note *****



第2回プラチナブロガーコンテスト
くらし部門に応募します。



[PR]
by fsnoteak | 2018-02-01 15:29 | Helth | Comments(16)

歯医者へ 

町の歯医者さんは、

d0356844_02323822.jpg


日系(多分3世)アメリカ人、U先生。(英語のみ)
見た目も姓も日本人。
ぶっきらぼうな雰囲気ですが、話すと味があるお人柄。
町で唯一日本人の私には、日本がらみで親近感もあり。

7月末に診てもらい、
歯肉炎か?歯槽膿漏か?!診断にドキドキしていたら、
U先生 「こりゃ、骨腫瘍だな。」
f  w(゚ー゚;)w

治療内容を聞いてビビりましたが;
もう3年程鈍痛に悩まされているので、
アイダホから戻るのを待って、治療を受けることに。


そして、9月12日


d0356844_02325723.jpg


治療に行く前、紅葉が見れました。
うちの町全体は針葉樹が多いため、紅葉を見ることはなかなか出来ません。
このチャンスに出会えてよかった♪


d0356844_02330592.jpg

さて、この赤い葉を見て癒され いざ!治療へ。
「え~い、俎板の鯉だ!」


その治療は、工事か大工仕事的・・・;
しっかり部分麻酔を打ってくれたので、痛みはゼロですが
音と感覚に気持ちがへなる。~(_ _;)~

約30分の治療
口を開けっ放し、力がかかるのを耐えて顎が疲れた~・・(›´Д`‹ )
心身ともに緊張して肩も凝った;


d0356844_03455312.jpg

U先生 「後の痛みの為に薬を処方するから、飲んで。
それでも効かなかったら、Advilを2錠追加で飲んで。3時間おき。
辛過ぎたらいつでも連絡して。」

この後、かなりの激痛に襲われるんだな・・・と覚悟。
帰り道にAdvilを購入して帰宅。


d0356844_02332604.jpg

何時激痛がきて薬を飲んでも良い様に、おかゆで胃を満たす。
お腹は元気なので、エキゾチックにターメリックおかゆ + 九州で買ったふりかけ。
患部の反対側で食べる様、首まげて・・・・

ところが

顎~顔面の部分麻酔は午後4時には消えましたが、痛みが無い;

夜になっても、翌朝になっても、ぜ~んぜん痛くない。 「(゚ペ)ありゃ?

翌日、アシスタントのDさんが電話をくれて様子伺い。(素晴らしいアフターケア!)
痛くないのは、まだステロイド剤が効いているかららしい。
Dさん「あ、でも明日には切れるから。」
f:(・Θ・;)

d0356844_02333499.jpg

処方箋の薬は、強そうだし高いから最初から買う気無し。
(注:U先生に、Advilだけで対処しても良いと確認済み!(^o^)b)

予想される3日間、激痛との格闘に備えて、
Advilの100錠+15錠増量サービス!($19)を買いましたが、
結局飲んだのは、3日目に服用した6錠だけ。
しかも患部の痛みじゃなくて頭痛の為。

なんだか喜ばしいギャフン!^o^;

19日の抜糸も痛み無く終了。

腕の良い、頼りになる歯医者さんが町にいるって、
とっても有難い♪


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-09-25 07:00 | Helth | Comments(20)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31