呆れるほど、晴天続き。
こんなの初めて。

ソーラーシステム内蔵の(ような)J,
夕食後もエネルギー量ほぼ満タンで
「ハイキングへ行こう!」

私、実はそんなに " アウトドア派 " ではない。
連日のアクティビティに少々疲れ気味。
でもこんなに晴れ間の続くチャンスはもうないかもしれないし
自分の身体を鍛えるチャンス!と重い腰を上げる。


d0356844_02505519.jpg

私は初めて歩く
家に近いトレイル。


d0356844_02514518.jpg

歩道がとっても狭くて、傾斜がきつい;


d0356844_02530323.jpg

すぐ横は崖っぷち;


d0356844_02522167.jpg

マ、マジですかっ!? (*_*;
環境バラエティーに富んだトレイルだこと。

そして到着した目的地には、

d0356844_02550447.jpg

こんな景色が広がっていた。


d0356844_02563605.jpg

セスナ機が小さな虫の様。(* ´艸`)クスクス


d0356844_02572776.jpg

こんな景色が眺められて
登ってきた甲斐があったというもの。

山登りって、
この達成感と景色がご馳走、ご褒美ってのが少し解る気がする。

ここはトレイルの途中、
いつかこの先も制覇したい。


d0356844_03003546.jpg



さ、登ってきたってことは、今度は下るのだ;

d0356844_03010757.jpg

膝と足元に気を付けて。

d0356844_03020642.jpg

マッチ棒のような植物。


d0356844_03123772.jpg

無事到着。


d0356844_03131798.jpg

20:30
夕焼けの時刻。

J 「港が綺麗かも。行ってみよう!」


d0356844_03144072.jpg

心地よい疲労感と、美しい景色。


d0356844_03155113.jpg

良い眠りに付けそう。


***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2018-09-05 21:00 | AK | Comments(10)

ブルーベリーを摘みに

8月19日

昨年は出来が悪かったのか?私たちがチャンスを逃したのか?
一粒も摘めなかったブルーベリー、

d0356844_07122966.jpg

「今年はどうか?!」と期待と不安を胸にトレイルへ。


d0356844_07130923.jpg

春に芽を摘み、タラの芽の様に天ぷらにして食べると美味しい ” デビルズクラブ ”、
秋には赤い実を付けます。

熊達は、お腹に溜った寄生虫を排泄するのにこの実を食べるのだそう。


d0356844_07143012.jpg

ありましたっ!o(^o^)o


d0356844_07141773.jpg

実を葉の上に付けるのと、葉の下に付ける木がある。
また、色もブルーなものと濃い紺色のも。


d0356844_07262732.jpg

一働きしたら、


d0356844_07220662.jpg

ピクニックエリアでランチ。

d0356844_07183496.jpg

日本で入手した、蚊取り線香を使う。
やっぱり「金鳥」は効果抜群だそう。


d0356844_07232022.jpg

デザートも済ませたら、

d0356844_07240854.jpg

場所を変えて、もう一働き。


d0356844_07243258.jpg

ブルーベリーが大好きな熊達に注意しながら。

もしここで出会ってしまったら・・・

d0356844_07250710.jpg

ブルーベリーを放り投げて逃げる!
しかないよね~


d0356844_07253571.jpg


今回の収穫は、

d0356844_12495439.jpg

二人で、約2㎏。


d0356844_07274395.jpg

うちの町で採れるブルーベリーは
残念ながら、酸味が強烈で生食できないので
お湯を入れて作る、ホットパックに。
こうしておくと、酸味が取れて使い易くなります。
パイや、チーズケーキ、etc....

今年は収穫出来て良かった♪


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2018-08-20 16:00 | AK | Comments(18)

うちの町にはスポーツジムがなく、
走りに行くにも雨ばかり、かつ、今は熊が出る; 
など、
普段から運動不足の私達。

雨の中でしたが、熊対策装備で歩きに行くことに。

d0356844_02013809.jpg

ハイキングっていう”気分”にはなれず、散歩でもなく・・・・


d0356844_02021535.jpg

ただ歩く。


d0356844_02025258.jpg

トレイルの板の張替え中。
大変な作業、有難い。


d0356844_02044950.jpg


d0356844_02050443.jpg


d0356844_02052458.jpg


d0356844_02054563.jpg



d0356844_02065486.jpg

倒れた大木の根。


d0356844_02080494.jpg



d0356844_02212794.jpg



d0356844_02083752.jpg



d0356844_02090653.jpg

河へ到着!
この日はここまで。

帰り道

d0356844_02103249.jpg

Fiddleheads(奥)と
今年の初物♪デビルズクラブを収穫。


片道1時間15分。
よく歩けました。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2018-05-17 21:00 | AK | Comments(10)

鮭の難関

とにかく何もない町なので
週末は何をしよう?と悩む。
窓からの景色は、まずまずの天気だったのでハイキングへ。

d0356844_01122631.jpg

町より曇が多い;
ちょっと残念な天気。


d0356844_01134148.jpg

せっかく来たのだから、とトレイルを歩く。


d0356844_01143619.jpg

トレイルの所々で
氷のガラスで覆われた、葉っぱの展示会。

このガラスを割るのが楽しいやら、申し訳ないやら。


d0356844_01162447.jpg



d0356844_01171319.jpg

ここ一帯、全ての枝の先が


d0356844_01164966.jpg

食べられているッ!( ゚Д゚)

どうやらムースの仕業。
彼らの置き土産がその証拠。

硬い枝より、
新緑の、柔らかいサラダが待ち遠しいんだろうな。


d0356844_01233984.jpg

川に残る、氷の塊。


d0356844_01244964.jpg

カラフルな枝もあり。

d0356844_01211148.jpg

白鳥とガチョウが


d0356844_01221068.jpg

沢山♪


d0356844_01253458.jpg

ビーバー作のダム。
立派に作ってあるけど


d0356844_01503444.jpg

これじゃこの先、
鮭が上っていけない・・・・
鮭たち、この難関をどう突破するのか?


***** Thank you for visiting f's note *****

[PR]
by fsnoteak | 2018-04-08 21:00 | AK | Comments(14)

凍ったトレイル

連休3日目ともなると
出来ることが減ってきた;

ちょと早いけど、トレイルを歩く。


d0356844_10053519.jpg

この日もいい天気♪


d0356844_10061749.jpg

二つの太陽が、眩しすぎ。


d0356844_10064061.jpg

トレイルには、やっぱりまだ沢山の雪。

ま、気長に、行けるところまで。


d0356844_10071746.jpg



d0356844_10074621.jpg

クマの爪痕か?
クマにしては、浅く細すぎ・・らしい。
でもクマたちはもう目を覚ましているから、気を付けて。


d0356844_10091433.jpg

ブルーベリーの木(左上)、デビルズクラブ(右下)
そして葉や苔たちが春の準備。


d0356844_10100763.jpg

この木はどうしちゃったのか?


d0356844_10102888.jpg

足元に気を付けて進む。


d0356844_10215565.jpg

大きな木から " 気 " を貰う。


d0356844_10114914.jpg



d0356844_10121319.jpg

ここの下りはちょっと危ない。
本日はここまで。


d0356844_10132854.jpg



***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2018-03-25 20:00 | AK | Comments(14)

冬に近いハイキング

一週間ぶりの晴れ。^^

まだ足を踏み入れた事の無いトレイルへ行ってみました。

d0356844_14444860.jpg

立派なキノコ達がお出迎え。

d0356844_14564684.jpg

連日の大雨で、トレイルが小川化;
仕方がないので、横の草の上を歩く。
と、
シャリシャリという音と感覚。

d0356844_14484044.jpg

もう12時過ぎだというのに、
草たちが凍ってた。

d0356844_14495903.jpg




d0356844_14501852.jpg

陽が当たると

d0356844_15003744.jpg


草木が輝き、

d0356844_14512373.jpg

蜘蛛の巣が

d0356844_14522042.jpg

現れる。


d0356844_14554591.jpg

雫で重たげ。


d0356844_15031535.jpg

このトレイルは、開けた場所が多い。
青空に飛ぶイーグルたち。


d0356844_15040738.jpg

まるで蛍光塗料が塗られているように光る草。


d0356844_15050109.jpg



d0356844_15060162.jpg

このトレイルは、あの山まで続くのか?


d0356844_15071559.jpg

何時か山の麓まで行ってみたい。


d0356844_15083912.jpg

先週に比べて、

d0356844_15104103.jpg

雪が多くなってる。

私が日本から戻る頃は、
雪山で囲まれていることでしょう。



おまけ

d0356844_15130547.jpg

ビーバーの土手仕事。

最近あまり姿を見ませんが、しっかり働いているようです。(* ´艸`)



***** Thank you for visiting f's note *****




[PR]
by fsnoteak | 2017-10-07 20:00 | AK | Comments(14)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。