人気ブログランキング |

カテゴリ:Ocean and Boat( 34 )

ボートでお出かけ

9月6日

このところ、週末はお天気に恵まれている。174.png
気分は高まるが、出来ることに限りがある環境なので、
「今日何する?」が二人の第一声。
とりあえず、

ボートでお出かけ_d0356844_04170822.jpg

ボートで出かけた。


ボートでお出かけ_d0356844_03352707.jpg

J は釣りの餌も持参せず、
ただただ、のんびりするのが今日の目的。


ボートでお出かけ_d0356844_03370150.jpg

でもやっぱり飽きてきて;
ボートに常備してある釣り竿に、ルアー/疑似餌を付けて釣り糸を垂らす。
釣れなくてもいいや・・・・と、
そういう時ほどよくかかる。(* ´艸`)クスクス
1匹目は、タラ。
2匹目は、ヒラメの様な魚。


ボートでお出かけ_d0356844_03451982.jpg

3匹目は、ロックフィッシュ。
非常に頑固な魚で、一度口を占めるとなかなか開いてくれず、
針を取るのに苦労する。

食感的には鯛に似ていて、カジュアルに使える魚。
昔はよくかかって困るほどだったが、現在数が減ったのか?
ロックフィッシュの種類によっては釣ってはいけない魚となった。
釣っても良い種類でも一人1日一匹までと、今や貴重な魚。


ボートでお出かけ_d0356844_03480014.jpg

4匹目は、少々色の違うこれまたロックフィッシュ。
5匹目は、また平たい魚の子供。柄が興味深い。

今回の魚はサイズが小さかったり、前回大きなオヒョウを釣ったため、
全部お帰り頂いた。


ボートでお出かけ_d0356844_04164923.jpg


途中で会えたトド。

ボートでお出かけ_d0356844_04200684.jpg

寝ていたところをお邪魔したのに、
ポーズをとってくれた。


ボートでお出かけ_d0356844_04205290.jpg



ボートでお出かけ_d0356844_04215524.jpg

町に戻ると、


ボートでお出かけ_d0356844_04222943.jpg

山のウルフがお出迎え。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-09-13 07:00 | Ocean and Boat | Comments(12)

朝焼けショーを楽しんだ後は、
Coffee Time.

ボートキャンピング 2日目_d0356844_13274508.jpg

朝焼けの余韻と、次第に明るくなる世界、
そして気持ちの良い朝の空気を楽しむ。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_13253663.jpg

早起きなシロイワヤギ一頭、みーっけ!
温かな朝の陽差しを楽しんでいるよう。

朝食のベーコンを焼いていると、

ボートキャンピング 2日目_d0356844_12533138.jpg

ボートの周囲に20頭ほどのアザラシ達が、
ボロッ、ボロッ、ボロボロボロッ!とまるで " 水中お〇ら " の様な音をたてたり、
チーン!と鼻をかむような音など
妙な音響効果な朝のBGM。
スクランブルエッグを作りながら、笑っちゃった!(* ´艸`)クスクス

またその後、突然!



「犬を連れた猟師が近くにいる?」
と思ったら、



Coyote / コヨーテだった!

音と動きにギャップがあり、
コヨーテとの距離を感じた。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_13375300.jpg



朝食の後は、

ボートキャンピング 2日目_d0356844_13382158.jpg

初めて上陸して、キャビンの近くを探索。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_14212307.jpg

なんと、ここのムール貝は大きいッ!
普段私達が収穫する3倍はある。
収穫したいところだが、去年からアラスカ内で貝の食中毒が出ており、
この時期の貝は気を付けるようにお達しがあった。
「ここは春の収穫に来よう!」と楽しみが増えた♪


ボートキャンピング 2日目_d0356844_14221417.jpg

オシャレな秋色の松ぼっくり。グースタングと呼ばれる食用になる野草も沢山。
赤い色(鉄分?)が混じった石。
紅葉し始めた、Pacific Silverweed / エゾツルキンバイ の葉。
初めての場所はいろいろ興味深い。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_13480988.jpg

出発。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_13482927.jpg

いくつかの釣りスポットを巡るが、
全く手ごたえなし;
ようやく最後のスポットで、

ボートキャンピング 2日目_d0356844_13492884.jpg

きたッ!
引いては逃げ、引いては逃げ、どちらもいい勝負。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_13495053.jpg

予想外の大物オヒョウが釣れた。

J も満足して、さあ帰ろう。


途中、

ボートキャンピング 2日目_d0356844_13542998.jpg

ものすごい数のラッコの集団を見た!
船がすぐ近くを通ったのに、全然お構いなし。笑


今回は、
クマ、シロイワヤギ、アザラシ、カワウソ、夜光虫、コヨーテ、ラッコと
J はオルカ、サーモン・シャークも見た。(私は逃した;)


港で、

ボートキャンピング 2日目_d0356844_13571452.jpg

本日の獲物、引きずるようにカートに乗せてトラックへ。


ボートキャンピング 2日目_d0356844_13594305.jpg

私と背比べ。
強烈な日差し直撃で、私は顔を覆う。

オヒョウは、53in / 135cm 、74lb / 33.6kg. 身体の中心部分は30㎝程の分厚さ!
J 曰く、♂では最大級クラスのサイズらしい。(♀はもっと大きくなる。)
捌いてパッキングするまで、大仕事だった。
有難い悲鳴。

この夜は、ボートのゆ~らゆ~ら感が抜けず、
Captain Jack Sparrow ( Pirates of the Caribbean ) 状態。笑


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-08-16 21:00 | Ocean and Boat | Comments(16)

湾内は波が無く、光も音も無い中、
夜はゆったり眠れた。

キャンピングならではのお楽しみ、
夜中の夜光虫も観れた♪
綺麗~ 不思議~!

日の出前は冷え込みが厳しく;
衣類を着込み、

ボートキャンピング 朝焼け_d0356844_13231497.jpg

寝袋の顔の部分も閉めて、
入り込む冷気を遮断しなければならない程寒かった;( ☝ 撮られた f. )


ボートキャンピングでの、もう一つのお楽しみは、

ボートキャンピング 朝焼け_d0356844_13345247.jpg

朝焼け。


ボートキャンピング 朝焼け_d0356844_13350895.jpg



ボートキャンピング 朝焼け_d0356844_13351949.jpg

大画面の映画を見ている気分♪


ボートキャンピング 朝焼け_d0356844_13354096.jpg



***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-08-16 09:00 | Ocean and Boat | Comments(20)

天気が良いという予報で、ボートキャンピングを予定。
朝町を出る時は曇り空だったが、

夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06392290.jpg

途中で青空が見れた。

いくつかの湾を巡り、
そろそろ鮭を獲るであろうクマや、

夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06435802.jpg

シロイワヤギを探す。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06411640.jpg

何頭かのシロイワヤギが見れた。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06413828.jpg

久しぶりの良い陽気で、
今年数少ない、ビールが飲めるチャンス。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_07022522.jpg

途中見れた、沢山のアザラシ。
彼らもピクニック?


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06434123.jpg

今度はこちらで、シロイワヤギを探す。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06442570.jpg

ここでも発見。
シロイワヤギもお出かけ日和。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06445800.jpg

J はカヤックで景色の中へ。
上陸はしないが、一応クマ避けスプレー持参。
クマも泳ぐからね。^^;

J が無事に戻り、のんびりしていると
フガフガ言う何者かが!

夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06455260.jpg

カワウソのグループだった。笑

その後、

夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06490117.jpg

遠くの景色に、クマが登場!


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06492242.jpg


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06493961.jpg

最初は親子かと思ったが、
サイズから、どうやら3兄弟の様だ。
暫く彼らの行動を見て楽しんだ。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06505407.jpg



夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06511381.jpg

今度はこちらの山で、


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06513288.jpg

シロイワヤギの団体さん!


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06561158.jpg

のんびりさんたちと思いきや、
シロイワヤギは結構動きが速い。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06570813.jpg

夕方になり、ようやく山のこちら側に陽があたる。
一日の貴重な時間だ。


夏最後?ボートキャンプ 前日_d0356844_06580573.jpg

お天気に恵まれ、
内容も充実したボートキャンプ前日だった。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-08-15 21:00 | Ocean and Boat | Comments(12)

海岸沿いで、まだいろんな植物が楽しめた。

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_03441253.jpg

群生する、Cow Parsnip, Pushki


夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_06531603.jpg

花の後、豆が収穫できる Beach Peas.


夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_06534867.jpg

ワカメチックな味をしたサラダ菜、Beach Green.


夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_06543597.jpg

↖と~っても小さい花が咲く、Beach Lovage   白のYarrow。↗
赤い部分は花の色ではなく、虫。
アブラムシの仲間かと思って調べたら、
タカラダニ に似ている。
「花粉などを食べているようです。」とあり、これかなあ~?


夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07224419.jpg

このヤナギラン、
枝が折れているのに、折れた先からまた上を向いて花を咲かせそう!
強いなあ~。 頑張れー!


⇩キャビンに戻る途中、干潮時。

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_03290643.jpg

⇧昨日の満潮時。


ランチは、いつものホットドック。

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_03302454.jpg

ストーブの中で調理。(* ´艸`)クスクス
焚火より囲まれているから、なんとも全体に程良く火が通る!
マシュマロなんて、

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_03311456.jpg

私の人生で最高の焼け具合、最高の美味しさ♪

この時の写真、

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_03324383.jpg

く、首が~~~~!片脚が~~~!笑
まるで心霊写真!(*`艸´)


だんだん潮が満ちてきた海、
その景色を眺めていたら、カワウソがひょこひょこ歩いて行った。
そして反対側では、

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07271221.jpg

マーモットがいた!
その対岸にももう一匹。

その一匹がキャビンの横にきて、

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07253505.jpg

直立不動のお決まりのポーズ。笑

ここを出る前に会えてよかったよ♪


荷物をまとめて、

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07291149.jpg

出発。
潮が満ちた、⇧朝歩いた場所。

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07293619.jpg

目印に写真を撮った枯れ木が見えた。


今回も、満員御礼のブイ。

夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07323571.jpg

5頭みんながこっち向いてくれた。^^


夏の Bay Hilton Day 2 心霊写真?_d0356844_07331601.jpg

港では、シロツメクサの絨毯。


夏の Bay Hilton 滞在日記、




***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-07-05 17:00 | Ocean and Boat | Comments(20)

「晴天!」の予報は見事にハズれ;

夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_02420744.jpg

対岸の茂みに、鹿の親子を見た。
今回、まだマーモットを見ていない。

帰りは、満潮の15:00。
時間はた~っぷりある。
とりあえずビーチへ。

夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_02433794.jpg

広がる海藻畑。


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_02475983.jpg

↖モズクだったらなあ~


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_02481349.jpg

いくつかヒトデが見れたが、全てこの種。↗
「ピサスター・オケラセウス / 紫の海の星」 中心に星マーク★


この干潮をチャンスに、
J 「あっちまで行ってくる。」と。

夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03003919.jpg

あの森に到達した直後、イーグルが2羽上空を旋回。
巣があるのかも?


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03021115.jpg
☜ 海                                湾内 ☞
ここは、満潮時でも水深が浅いので、ボートでも通り抜け出来ない。
森へは、干潮の時だけ歩いて渡れる。

潮の通り道だけあって、海藻はほとんどなし。

夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03101331.jpg

見れたのは、この白い海藻が少し。


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03175707.jpg

私も到達。
この枯れ木が、満潮時にどう見えるか?
写真を撮っておく。

「もし、干潮の時間を過ぎてJ が戻ってこれなかったら、私がボートで救出に向かう。」
という手筈になっているので、私は急いで戻る💦


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03194074.jpg

足元の岩。
この種類は何? タモリさんが居たら直ぐ教えてくれそう。
この辺の石は頁岩(薄く割れる)が多い。


ここで初めて見た花、

夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03265951.jpg

Beach Lungwort, Oysterleaf
丸く育つ。


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03440145.jpg

Beach Ryegrass, American Dunegrass


夏の Bay Hilton Day 2 干潮の海で_d0356844_03443351.jpg

ヤナギラン、この花が一番乗り。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-07-05 09:00 | Ocean and Boat | Comments(4)

祝日のお出かけ 初日

7月4日 祝日、
アメリカ独立記念日。

祝日のお出かけ 初日_d0356844_12433581.jpg

天気予報で晴天を確認し、予約を入れて


祝日のお出かけ 初日_d0356844_12461369.jpg

Bay Hilton へやってきた。

到着直前、ボートから

祝日のお出かけ 初日_d0356844_12471365.jpg

ブラウン・ベアが見れた。

大きいっ!(@@;
前回見た足跡の主かな?

ボートの音を聞いて、草むらに入ってしまったが
頭だけ出して、外の様子を伺う仕草がとっても可愛かった♡


祝日のお出かけ 初日_d0356844_12565653.jpg

夏のBay Hilton は、草ボーボー。笑

⇧Pacific Silverweed / エゾツルキンバイ (バラ科)と

祝日のお出かけ 初日_d0356844_13000277.jpg

Dwarf Dogwood / エゾゴゼンタチバナ、

祝日のお出かけ 初日_d0356844_13030278.jpg

Deerberry, Deer heart / マイヅルソウ がいっぱい咲いていた♪


恒例のごとく、まずはビーチへ。

祝日のお出かけ 初日_d0356844_13232997.jpg

前回と同じく、
Western Sandpiper / ヒメハマシギ、Black oystercatcher / クロミヤコドリ がいた。
クロミヤコドリはビャービャーよく鳴いて煩いほど;
私達から逃げるように見えるが、まだ子供なのか?飛ばない;

祝日のお出かけ 初日_d0356844_13222091.jpg



祝日のお出かけ 初日_d0356844_06102746.jpg

エゾオグルマ はまだ蕾。
去年のように、ビーチ沿いを黄色く染めた風景を期待していたが
今回はまだ早かった;残念!


キャビンへ戻る途中、

祝日のお出かけ 初日_d0356844_13495580.jpg

白っぽく見えるのは、ぜ~んぶカニ!
なぜこんなに死んじゃってるのか?
それとも脱皮した殻?
とにかくすごい数。


夕食は、ハンバーガー。

祝日のお出かけ 初日_d0356844_13592748.jpg

デザートは、持参したチーズケーキ。


祝日のお出かけ 初日_d0356844_14004940.jpg

前回のハチドリとの体験が忘れられず、
今回は、ハチドリ・フィーダーを持ってきた。
でも今回のハチドリは、とっても恥ずかしがり屋さんだった。


祝日のお出かけ 初日_d0356844_00320728.jpg

夕食の後、
裏山へ。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-07-04 18:00 | Ocean and Boat | Comments(4)

穏やかな海へ

ネットで見た海状況は「風 "0" (ゼロ)」
海でのんびりするには最高の日!と出かける。

穏やかな海へ_d0356844_02220502.jpg


今回のブイには

穏やかな海へ_d0356844_02091817.jpg

トドとアシカ?と思ったら、トドの親子。
トドの子供とアシカは見分けが難しい。


穏やかな海へ_d0356844_02104782.jpg

親子だと解ったのは、授乳中だったから。
トドママの優しい目つき、顔つき。
つい先日、日本のSNSで
「北海道でラッコの親子が見られ、授乳中の貴重な映像が撮れました!」
というニュース。
トドの授乳も珍しいのかな。


穏やかな海へ_d0356844_02074698.jpg



穏やかな海へ_d0356844_02253239.jpg

ゆったりと波に揺られながらの釣り、
J の至福の時間。

私はカメラ片手に、ラッコを見る。

穏やかな海へ_d0356844_02283681.jpg

プカプカ~
あっちにも、こっちにも、沢山!

穏やかな海へ_d0356844_02293065.jpg

プカプカプカ~
J 曰く、これでも少ないほうらしい。

今の季節、親子ラッコも多い。

穏やかな海へ_d0356844_02303464.jpg

このラッ子は、ママのお腹の上に座ったり寝転んだり、
とっても活発。
私達を見るラッ子の目に好奇心が伺えて、可愛い♪


穏やかな海へ_d0356844_02324812.jpg

しばらく後、この親子の動きが止まり、どうやらお昼寝中。
ラッ子はよく動いていたから疲れただろうし、
ラッ子が寝たら、ママも「この時ぞ!」とばかり寝るよね。お疲れさん。


穏やかな海へ_d0356844_05562029.jpg

クラッカーとチーズ、チェリーで軽食。
キュウリとセロリの芥子漬も持ってきた。

「かかった!」

穏やかな海へ_d0356844_06365054.jpg

タラだ~ o(^o^)o
ここ数年、タラが全然釣れてなかったから嬉しい。

もう一匹は、

穏やかな海へ_d0356844_06382128.jpg

Sculpin / スカルピン (カジカの仲間)
この魚、口ばかり大きくて身が無いので、海へお帰り頂く。


穏やかな海へ_d0356844_06401101.jpg

場所を変えて・・・
とそこで

穏やかな海へ_d0356844_06404398.jpg

熊発見!
熊たちも、もうじき鮭漁で忙しくなる。
今年人間の漁師達には不漁だが、
熊たちはしっかり食べれますように。


穏やかな海へ_d0356844_06422895.jpg


帰り道に見かけた、

穏やかな海へ_d0356844_06424563.jpg

以前港で見た、レンタル・ハウス
借りると、場所に設置してくれて、宿泊者はセスナで送迎してくれるらしい。
義兄夫妻が来る際に借りようと思ったが
飲食料は宿泊者持参で、一泊$1000程。
子連れのファミリーならいいかも。


穏やかな海へ_d0356844_06482095.jpg

お天気に恵まれた、良い一日だった。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-06-13 21:00 | Ocean and Boat | Comments(16)

Bay ヒルトン滞在 後半

鳥の声が響く、

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_12593121.jpg

清々しい朝。


Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_13021558.jpg

まずは火を焚いて、
コーヒーを入れる。

冷え込んだ空気の中の一杯は格別。

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_12270031.jpg

ストーブの上で
持参したジャガイモとチーズ・パフを温めて、
調理したベーコンと卵に添えて朝食。

食後、キャビンのポーチで景色を楽しんでいたら、





自らカメラの前に飛んでくるなんて、(びっくりした~!)
フレンドリーなハチドリ♪
昨日のハチドリ?
怖がらず、戻ってきてくれたなら嬉しい。
それにしても、ハチドリは赤を好んで飛んでくると聞くが、
この子は " 青 " が好き?(* ´艸`)クスクス


今日は満潮の17:00頃出発予定なので
それまでゆったり過ごす。

昨日、ムール貝のスポットを確認しておいたので、
早速収穫へ。

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04201497.jpg

出発までの時間を利用して、
ポーチで、ムール貝に付いたフジツボなど取って綺麗にする。
これをしておけば、今夜帰宅後が楽。

その合間に、
ブルージェイ⇩と

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04065533.jpg

このキャビンのすぐ近くに住んでいる、マーモットも現れた。⇧
この子はキャビン周辺のあちこちで見てとても活動的。
どうやら、昨日ボートから見たマーモットは別の子のようだ。
J がもう一匹を対岸で見かけて、
この一帯に最低3匹が生息している様子。
仲間がいて、寂しくなくてよかった。


Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04075734.jpg

ランチは、ホットドック。


Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04220473.jpg

潮が満ちてきたら、
荷物をまとめてチェックアウト。

今回も、
ゆったり過ごさせてもらいました。
今年のうちに、もう一度来れたらいいな。


Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04241404.jpg

家に帰って、
片付け。

夕食は簡単に、

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_12422405.jpg

ムール貝のパスタ。
キャビンで下処理しておいて助かった!


採った Clam (二枚貝) を下処理して、

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04102397.jpg

Bull Kelp は明日処理しよう。


収穫あり、癒しあり、
自然の中で過ごした週末。
満足♪



178.png178.png178.png

港に、

Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04071456.jpg

手洗いステーションが設置されていた。
私が見ている時にも、スタッフがここを消毒しに来た。👏


Bay ヒルトン滞在 後半_d0356844_04072168.jpg

この簡易シンク、
うちにもほしいな。


***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-05-10 21:00 | Ocean and Boat | Comments(14)

貝を収穫し終えた後、
約2時間かけて、” Bay HILTON " へ。

Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_11362386.jpg

浅瀬なので、大きな岩がないか、
私がボートの先で確認役。

途中、
マーモットを見た。

BGM の音量にお気を付けください。

お気に入りのコンデジだけど、このズームのジ~~~~~~って音は何とかならないもんか?

前回会った、同じ子かしら?


さて、" Bay HILTON " へ到着。

Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_09562660.jpg

" Bay HILTON " という愛称の、キャビン。笑
荷物を持ち込んで、チェックイン。

この時、ハチドリが舞い込んで
凄い勢いでバタバタしていたので、そっと手で覆って外に放した。
小さくて、軽くて、空気を持っているような全く存在感なし。
怖がらせちゃったかな?


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_09593872.jpg

ここを春に訪れるのは初めて。
どんな世界を見せてくれるのか、楽しみ♪

まずは海岸へ。

Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10005133.jpg

波の音を聞きながら、
ゆったりと歩くのがお気に入り。
お天気がいいから清々しい~


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_11395028.jpg

打ち上げられた海藻、春は色鮮やか。
J 「海藻サラダみたいだ。」
(今やJも、” 海藻=食べる ” になってる。(* ´艸`)クスクス)
石と化した木:↗上 海藻パック中の石:↗下


今度は裏山をチェックに行ったら、

Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10065480.jpg

まだ雪だらけ。

そこで、

Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_11510558.jpg

ブラウン・ベアの足跡発見。
まだ新しい;


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_11514777.jpg

大きい;


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_11511501.jpg

足跡が山に向かっているのが幸い。
今日、私たちが来た音を聞いて山へ行ったのか?
今回はベアスプレーを常に携帯するべし。


夕食に、

Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10110066.jpg

今日採ったムール貝をワイン蒸にして前菜に。
そして、持参した鹿肉でハンバーガー。


陽が長いので、時間を持て余し
もう一度海岸へ。


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10130775.jpg



Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10132177.jpg



Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10133602.jpg



Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10135429.jpg

陽が暮れてきたので
そろそろ帰ろう。


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10150883.jpg

干潮の景色は、
色鮮やか。


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10153530.jpg

時計のない滞在。


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10162147.jpg



Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10160284.jpg

蝋燭のいらない夜。


Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10164396.jpg



Bay ヒルトン滞在 前日後半_d0356844_10165521.jpg



***** Thank you for visiting f's note *****



by fsnoteak | 2020-05-09 22:00 | Ocean and Boat | Comments(14)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。