2018年 11月 10日 ( 1 )

ネイティブ ダンス

アラスカン・ネイティブの集いがありました。

Alaskan Native  by Travel Alaska

d0356844_07523544.gif

一般的にアラスカの先住民は、地域により5つの部族に分けられ、
イヌピアック/セントローレンス島ユピック
アサバスカ
ユピック/チュピック
ウナンガン/スグピヤック(アルティーク)
イヤク/ハイダチムシアン/クリンギット
がそれに当たります。

詳しくは Travel Alaska のサイトで。

この集いにネイティブ達がアラスカの各地から集まり、
部族の衣装をまとい、部族の言語で、それぞれの歌やダンスを披露。
彼らの文化、伝統に触れられるチャンスです。

余談ですが、彼等(生粋ほど)の出生時には蒙古斑が見られるそうです。
私たちと同じ、モンゴロイド。


d0356844_07585460.jpgd0356844_07590853.jpg

d0356844_08075197.jpg

NorthWest Cast Desing の衣装には
パッチワークや刺繍が施され、ビーズ、貝殻ボタン、毛皮が装飾に使われています。

d0356844_08093097.jpgd0356844_08094167.jpg

d0356844_08130970.jpg

ネイテイブはそれぞれ " 生き物のシンボル " を持ち、その衣装やアクセサリーをまとう。
毛皮は、狼、アザラシ、 ラッコ、テン、 コヨーテなど、
またクジラの髭なども使用。

アザラシとラッコ、トドは、
ネイティブのみが猟をすること、またその毛皮を製品加工するのを許されています。
(例:私は毛皮や製品を購入は出来ますが、縫製し製品化する事は許されません。)
また、イーグルの羽もネイティブだけが保持することができます。


d0356844_08132432.jpg


d0356844_08190088.jpg

こちらのリーダー、今回をもってダンスグループを引退。
惜しむメンバーたち。
でも、

d0356844_08200923.jpg

引き継いでくれる子供たちが居ます。


⇩この

d0356844_02493246.jpg

War Bonnet を被ったネイテイブ、この集いでは初めて見ました。
どの町から来て、何の部族かは不明。


d0356844_08281690.jpg


元気よく、声高らかに唱え!舞え!

d0356844_08273467.jpg


d0356844_08302085.jpg


d0356844_08300294.jpg


d0356844_08324966.jpg


d0356844_08303750.jpg


d0356844_08305092.jpg


d0356844_08331542.jpg


d0356844_08310489.jpg



⇩ダンスと歌の一部。
舞台のそでに入った場面で、お見苦しい箇所があります。<(_ _)>
音量ににお気を付けください!




d0356844_08311975.jpg

老いも若きも、伝統を守り続ける。
熱いネイテイブの心。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2018-11-10 21:00 | Life & Culture | Comments(14)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。