続・美しい日 Ⅲ ムース

いつも出会いは突然な、


d0356844_08541789.jpg

ムーーース!
この距離、10m弱。


d0356844_08552830.jpg

しかも4頭!
帰り道、走行中に遭遇。


d0356844_08575344.jpg

そのあとも、遠~くに


d0356844_09260505.jpg

みっけ♪


d0356844_08593218.jpg

景色と言い、ムースと言い、大満足な良い日♪


d0356844_09003584.jpg

ハイウエイで、


d0356844_09010923.jpg

おいおい!( ゚Д゚)


d0356844_09012934.jpg

おいおい‼(-^〇^-)


d0356844_09015778.jpg

バイバイ。(@^^)/~~~

道中、二人で興奮の余韻を楽しむ。


d0356844_09143235.jpg

まだ半分以上凍っている湖・・・で!


d0356844_09153830.jpg

(〇o〇;)


d0356844_09163990.jpg

水上バイク?!

春が待ちきれない人だ。笑


***** Thank you for visiting f's note *****

[PR]
Commented by show1792 at 2018-04-25 09:50
ムースってラクダのようなコブと馬、ロバのような顔と
鹿のような体が一緒になったような感じに見えます
不思議ですね
天気と仕事の関係で中々撮影に行けません
ゴールデンウイークも関係ないので、火曜日晴れるのを祈ってます
Commented by nanako-729 at 2018-04-25 10:23
fさん、おはようございます!
わわっムースに遭遇それもこんなに近くで。
お顔見ると馬に近い感じなのですね。
平気で道路横断とかしちゃうなんて( *´艸`)
自然の中で生活してる感満載・・・・・
ほんとは動物たちが、おいおい人間見つけた
なんて話してるのかな・・・

氷の湖で水上バイク(^O^)/
でもうちの近くの湘南海岸では冬の海でもサーファー
海に入ってるよ(笑)
でもそちらとは水の温度が違うよね命がけだわ~
Commented by kyonchan54 at 2018-04-25 10:34
凄い景色ですね!「行って見たいなよその国~(^^♪」
思わず口ずさんでいます(笑)
Commented by tad64 at 2018-04-25 12:52
カナダならではの出会いですね!
そう言えば私もカナダのホテルで泊った時、丁度1階の部屋でリビングから外に出られるようになっていたのですが
夕方気が付いたら部屋の直ぐ側を大きなエルクゆっくりと散歩していましたよ!!
これがカナダなんだな~っと思った瞬間でした♪
Commented by mariakulala at 2018-04-25 13:04
fsさん ムース こんな近くで見れるなんてすごい!
性格が優しいですか?
むこうも fsさん ご夫婦に遭遇!
びっくりしたのではないですか?
お互いに 目をパチクリ(^O^)
雄大な 自然 なんて素晴らしいんでしょうー
fsさん と知り合いになれて こんなに素敵な写真見れて 私 幸せです。
水上バイク、、、冷たくないのかなぁ。
Commented by fsnoteak at 2018-04-26 01:05
( ..)φ show1792さん♪

そうですね、鹿の一番大型の種ですけど
馬が混じってるような顔してますよね。笑
このボーっとした顔が大好きです♪
日本もお天気が不安定だったのですね。
早く晴れて気持ち良いお出かけが出来ると良いですね♪
また楽しみに待ってます!
Commented by fsnoteak at 2018-04-26 01:09
( ..)φ nanakoさん、おはようございます♪

今回は近かったですっ!
トラックの中からの見物だったので、安心して見てられました。
確かに馬が混ざってる顔してますよね。(* ´艸`)クスクス
この横断したムースは子供の様で
ほんと、わ!人間だ!って思って慌てたのかも~
ムースもいろいろ経験して学んでるんでしょうね。
アラスカでは海では20分で生命の危険となりますが
湖ではどうなんでしょ?
でもこれだけ凍っていたら、冷たいのは間違いなしですね。^^;
命がけで遊ぶ人;AKには多いかも。f(^^;
Commented by fsnoteak at 2018-04-26 01:19
( ..)φ kyonchan54さん♪

お天気に左右されやすいこの土地ですが
晴れるととっても綺麗で楽しませてもらってます。
そんな日が少ないからより貴重で感動するのかもしれません。
何時かご主人様とご旅行で是非♪^^
Commented by fsnoteak at 2018-04-26 01:19
( ..)φ タッドさん♪

実はアラスカって、アメリカの州の一つなんです。
アラスカって国だと思った~ とか
カナダでしょ?って言われたこと結構あります。
確かにカナダとは地続きですし。^^
1959年にアメリカの第49番目の州となりました。
それ以前はロシアに属していて、
USがロシアから購入した土地だそうです。
この土地の経歴って複雑ですよね。
私もカナダを旅したことがありますが
自然が美しい国で、アラスカに似てますね。
いろんな国を知ることは本当に楽しいですね♪^^
Commented by fsnoteak at 2018-04-26 01:25
( ..)φ クララさん♪

この日は本当にラッキーでした。
ドラックの中に居て遭遇したのもラッキーです。
ムースはボーっとした顔してますけど、(笑
本気でアタックされたら熊より怖いだろう、と
あの星野道夫さんの本に書いてありました。
よく言われることですが、子連れの時は要注意ですね。
本当に晴天に恵まれていい時間を過ごせましたよ。
いつも温かいお言葉をありがとうございます。
励みになっております♪
私もクララさんのブログ、毎回楽しく拝見していますし
とっても参考になったり勉強にもなります~^^
アラスカの水は何処でも冷たさが酷いので
まだ凍った湖での水上バイクなんて信じられません~;
Commented by misarin-1126 at 2018-04-26 08:11
fさん!
素晴らしいAkの大自然の風景もムースも^^
自然体のラッコも見られたりで羨ましいです(*^^)v

厳しく長い冬が終わり、春が待ち遠しいってわかるわぁ~!!
フリージァも球根だから大丈夫と思ってましたけど残念でした。
此方も花や木々の芽吹きと大急ぎで春に向かってますよ。
タラの芽大好きなので美味しかったよ!
埼玉での凜さん!エンドレスボール投げぶっ倒れてます(笑)
Commented by tamataro1111 at 2018-04-26 10:26
こんにちは。。。 ! !
ムースが堂々としていますが。。。
こんなに近くで (*^^*) 少し怖いくらいの至近距離ですね。
人間には馴れているのでしょうか。。。 ! ?
彼らの領域ですものね。
こちらがお邪魔させて頂いているのですね。
Commented by kiraln at 2018-04-26 11:49
ムースにラッコ(笑)
ビーバーお手製のダム
自然と人間が共存していますね(●^o^●)

Commented by tad64 at 2018-04-26 17:47
アラスカは米国だった事ついつい忘れちゃいましたよ!(汗)
だってシアトルの北がカナダのバンクーバでアラスカは更にその北に位置するものだからついつい勘違いしちゃうんですよね・・・(ワッハッハ!!)
Commented by fsnoteak at 2018-04-27 14:46
( ..)φ misarinさん♪

この日は本当にいろいろに恵まれた日でした。^^
ムースもラッコも、天然ものに会えるのは尊い経験させてもらっています。
一年の半分以上が冬なので、春の気配は嬉しさいっぱい!です。
こちらのタラの芽もどき、デビルズクラブはまだ芽を出す気配もなく;
でもそれも楽しみに待ちます~
埼玉での凜さん、ブートキャンプ見たいですね。笑
でも楽しそうです♪
Commented by fsnoteak at 2018-04-27 14:49
( ..)φ tamataroさん、こんばんは♪

そうですね、近い割にあまり慌てた気配もなく
悠々としていた感じです。
今はハンティングのシーズンじゃないってわかってるみたいに。笑
慣れているとは言えませんが、
道路に飛び出してきたムースはまだ子供みたいで
いろいろ勉強中なんでしょうね。
ほんとにそうなんです、
アラスカは大自然の中に人間が住まわせてもらっています。^^
Commented by fsnoteak at 2018-04-27 14:50
( ..)φ kiralnさん♪

うちの町の目玉商品です。笑
ビーバー、ダムづくりしているところを
見てみたいんですけどなかなかチャンスに恵まれません。
動物と共存できる貴重な大地だと感じています。
守らなきゃ~^^
Commented by fsnoteak at 2018-04-27 14:52
( ..)φ タッドさん♪

そうですよね、ご存知だと思っていましたよ。
私自身も、アラスカってDown 48とは別な気がしてなりません。
異色の州でしょうね。笑
by fsnoteak | 2018-04-14 15:00 | AK | Comments(18)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生の記録。