人気ブログランキング |

6湖ハイキング 1~3

9月11日

朝の冷え込み・・・

6湖ハイキング 1~3_d0356844_06050488.jpg

と引き換えに、

6湖ハイキング 1~3_d0356844_04184882.jpg

良い天気!
アウトドア日和なので、ピクニックとハイキングへ。

途中、珍しく渋滞。
大型のボートが慎重に運転をしているのが原因。

6湖ハイキング 1~3_d0356844_04204029.jpg

各州により交通規則が違うUS、
アラスカ州では、後方に5台車両が繋がったら、先頭の遅い車は端に避け
後方車の進行を促さなければならない。(テストに出た!)

「こんな田舎町だから気にしないかな?」と思ったが、
ちゃんと守って優秀。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04335519.jpg

いつもの場所で、いつものピクニック。
もう花が終わってしまった中、ハナバチが哀愁をそそる。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04390928.jpg

トレイルのサインが無ければ見逃すほど狭い入り口。
今回のハイキングは、私のために " easy " なコース。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04413772.jpg

このトレイルを歩くのは久しぶり。
歩道の脇にだらしなく広がっているのは、アラスカの水芭蕉。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_05233629.jpg

ブルーベリーがまだ沢山生っている!
熊たちは食べていないのか?
食べてみたら、とってもジューシーだが味は薄い;


6湖ハイキング 1~3_d0356844_05061166.jpg

今が出番!と、怪しいキノコたちが顔を出していた。
食べれる種類はごくわずか。危険なチャレンジは厳禁!


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04422057.jpg

森を抜け、草原を抜け・・・


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04424194.jpg

第一の湖。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04430840.jpg

第二の湖。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_04433012.jpg

ここの草原を赤く染めているのは、

6湖ハイキング 1~3_d0356844_05032655.jpg

Low Bush Cranberry や、紅葉した草たち。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_05053864.jpg

第三の湖。


6湖ハイキング 1~3_d0356844_05163020.jpg

暑すぎず、寒すぎず、
今や顔の周りで邪魔する虫もいず、
簡単なトレイルなので、周りの景色や足元の植物も楽しめる。
私の理想のハイキング。


***** Thank you for visiting f's note *****



# by fsnoteak | 2020-09-17 07:00 | 自然 景色 | Comments(8)

自家製ルバーブ

9月7日

3年前に植えたルバーブ、

自家製ルバーブ_d0356844_05415594.jpg

今年、初の収穫ができた。


自家製ルバーブ_d0356844_05422812.jpg

全身真っ赤なルバーブが希望だったが、下半分以下だけ。

ルバーブには、の種類があって、
赤いのは、見栄えはするが硬め、香りも少なめ。
緑のは、香りや味がうまく押し出され、
柔らかいのでジャムを作る工程では溶けやすく煮込みすぎずに作れる

のだそう。

「あえて完全な暗闇の中で育てると赤くならず、独自の酸っぱを抑えたルバーブが作れる。」
種類の他に、栽培環境も影響するようだ。

毎年上手に全身真っ赤!なルバーブを作られているご近所さんは
確かに日当たりがかなり良い。
我が家は、半分くらい・・・ルバーブに現れている!笑


自家製ルバーブ_d0356844_05574729.jpg

ルバーブ好きな J, 
勿論自分が手入れして作ったルバーブということもあり、
自分でカットするんだって~。(* ´艸`)クスクス


自家製ルバーブ_d0356844_06214472.jpg

早速、ストロベリー&ルバーブパイを焼いた。
中心から少し手前にナイフを入れてしまい、希望より小さめのピースになってしまって
悔しがる J 。
f 「とりあえずそれ食べて、またカットすれば?」笑


自家製ルバーブ_d0356844_06215233.jpg

自家製ルバーブ、
緑色の部分が多いせいか酸味のあたりが柔らかく、
また新鮮なもルバーブは食感も良い。
普段より美味しく感じた。(手前味噌)


***** Thank you for visiting f's note *****



タグ:
# by fsnoteak | 2020-09-15 07:00 | Greens & Nature | Comments(10)

ボートでお出かけ

9月6日

このところ、週末はお天気に恵まれている。174.png
気分は高まるが、出来ることに限りがある環境なので、
「今日何する?」が二人の第一声。
とりあえず、

ボートでお出かけ_d0356844_04170822.jpg

ボートで出かけた。


ボートでお出かけ_d0356844_03352707.jpg

J は釣りの餌も持参せず、
ただただ、のんびりするのが今日の目的。


ボートでお出かけ_d0356844_03370150.jpg

でもやっぱり飽きてきて;
ボートに常備してある釣り竿に、ルアー/疑似餌を付けて釣り糸を垂らす。
釣れなくてもいいや・・・・と、
そういう時ほどよくかかる。(* ´艸`)クスクス
1匹目は、タラ。
2匹目は、ヒラメの様な魚。


ボートでお出かけ_d0356844_03451982.jpg

3匹目は、ロックフィッシュ。
非常に頑固な魚で、一度口を占めるとなかなか開いてくれず、
針を取るのに苦労する。

食感的には鯛に似ていて、カジュアルに使える魚。
昔はよくかかって困るほどだったが、現在数が減ったのか?
ロックフィッシュの種類によっては釣ってはいけない魚となった。
釣っても良い種類でも一人1日一匹までと、今や貴重な魚。


ボートでお出かけ_d0356844_03480014.jpg

4匹目は、少々色の違うこれまたロックフィッシュ。
5匹目は、また平たい魚の子供。柄が興味深い。

今回の魚はサイズが小さかったり、前回大きなオヒョウを釣ったため、
全部お帰り頂いた。


ボートでお出かけ_d0356844_04164923.jpg


途中で会えたトド。

ボートでお出かけ_d0356844_04200684.jpg

寝ていたところをお邪魔したのに、
ポーズをとってくれた。


ボートでお出かけ_d0356844_04205290.jpg



ボートでお出かけ_d0356844_04215524.jpg

町に戻ると、


ボートでお出かけ_d0356844_04222943.jpg

山のウルフがお出迎え。


***** Thank you for visiting f's note *****



# by fsnoteak | 2020-09-13 07:00 | Ocean and Boat | Comments(12)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。