人気ブログランキング |

NOLA 3日目 街歩き

5月9日

NOLA滞在3日目。

NOLA の中心" フレンチクオーター " の北、

d0356844_14265136.jpg

住宅街を歩く。
街の喧騒から離れ、長閑な環境。


d0356844_14281435.jpg

大きな木々が木陰を作り、


d0356844_14283786.jpg

美しい花や葉たちが街を飾る。

私達にはちょっと暑いけれど、植物には良い気候。


d0356844_14474827.jpg

住宅街でも、家々はオシャレ。


お気に入りの一枚、

d0356844_14311467.jpg

ニューオリンズらしい~

静かな住宅でも、やっぱりNOLA のポップ感が潜んでます♪


d0356844_14315953.jpg

人と車で溢れた街を歩くより
このミシシッピ川沿いを風を受けて歩くのが気持ちよかった。

Mississippi River / ミシシッピ川
アメリカ合衆国のミネソタ州を源流とし、メキシコ湾へと注いでいる。
全長は3779kmで、これはアメリカ合衆国内においては一番長い川である。
鉄道が敷かれるまでは、水運を担う重要な水路となっていた時期があり、
蒸気船が航行する姿はアメリカ発展史における象徴的存在だった。

by ウィキペディア

大小いろんな船が行き来する。
この左方向が海へと続く水路。

降りそうで降らない空。
ここまでは、外出中ぎりぎり降られてなくて、
傘を買おうか買うまいか迷い処。


***** Thank you for visiting f's note *****


# by fsnoteak | 2019-05-27 07:00 | Trip

5月9日

前日街歩きの時に見つけ、朝それを目指して行って食べた、

d0356844_14343490.jpg

ソフトシェルクラブ の エッグベネディクト。
期待に反し揚げ過ぎでドライ、;
そして蟹体内の薄い膜の様なものが口に残ってかなり気になる。
この蟹、ソフトシェルとして食べる最高の時期を過ぎていたと思う;

この一皿を二人でシェアーしたので幸いしたが、胃袋は物足りない;
そこで、
Beighet / ベニエで一番有名な、1862年創業 Café Du Monde へ行列覚悟で行ってみた。

d0356844_14540227.jpg

ところが意外にもすんなり席が確保。
ウエイトレスは、中国系のおばちゃんが沢山。

d0356844_15313771.jpg

これが、名店のベニエ。
ここではカフェ・ラテでなく、カフェ・オレ。

ここのも勿論、熱々の揚げたて。
Cafe Beighet のよりも、卵が多い感じでコクがあり、食感も僅かにしっかりめ。
J はここのベニエに軍配。
来てよかった!待たずに食べれて良かった‼


ランチは、前夜夕食を食べた Oceana Grillで、

d0356844_15044291.jpg

私は Catfish / ナマズ、J はマグロのグリークサラダ。

サーブされる時、また間違えられた;
今まで毎回、どこで食べても配膳を間違えられてます;


暑さを凌ぐのに、

d0356844_15090029.jpg

おやつのハーゲンダッツ!


夕食はホテルのレストラン、Bourbon House にて。
4年半前、食事をして美味しかったので、期待大。

d0356844_15093511.jpg

カクテル担当者お勧めの、" The Flowers That Be~ "
名前も色もおしゃれで、美味しいカクテル。
私のオーダーを制しても担当者が勧めるわけだ。笑

J はここでも " Sazerac "
いろんなお店での飲み比べを楽しみます。
ここのはなかなか本格的で美味しい♪


d0356844_15094401.jpg

前菜は、食事担当者のお勧め、本日のスペシャル。
ズッキーニの花クリームチーズ詰め & グリッツ(雑穀)のフライ、豚バラ肉、ベリーソース添え。
ズッキーニの花は初めて食べたし、グリッツの触感の面白さ、豚バラ肉は柔らかくソースと合う♪


d0356844_15095368.jpg

メインは、REDFISH ON THE HALF-SHELL
一品を二人分に分けてサーブしてくれました。
NOLA のレストランでよく見る " Red Fish " は「フエダイ」 らしい。
そのフィレに、蟹肉をトッピング。
「蟹と一緒にボイルした」というこの手前のポテト、
とってもしょっぱくて、J が目をパチクリしてました。(* ´艸`)クスクス

d0356844_15100307.jpg

デザートの、Creole Bourbon Bread Pudding

ここのは間違いなくバーボン使用で、美味しかった♪


このレストラン、もっとカジュアルかと思っていたが
まず席へ案内してくれた女性が、「私がこのテーブルの担当者です。」
次に、「私がこのテーブルのドリンクの担当者です。」
そして「私がこのテーブルの食事の担当者です。」と担当者が部門別に3人!
それぞれの担当者がきっちり良い仕事をしてくれて、
飲み物もお料理もどれも美味しくて★★★!
" Bourbon House " お勧めです。




***** Thank you for visiting f's note *****


# by fsnoteak | 2019-05-27 07:00 | Trip | Comments(0)

ニューオリンズ生まれの四角いドーナツ BEIGNET / ベニエ。
前回は最終日の朝に初めて食べて、それが滅茶苦茶美味しかったので、
今回は、存分に楽しもう!という意気込み。

ホテルが、Cafe Beighet Royal St 店に近くてラッキー!

d0356844_13211778.jpg

これこれ♪
粉砂糖が降りかかっているだけですが、そのシンプルさがまたいい。
作りたての熱々!を食べれるので、最高~
でも・・・・
正直、前回ほどの感動はなかった;
も~っと、雲を頬張るようなフワフワだったんだけどな。
期待しすぎたかな?まあ2度目って大体そんなことが多い。
それでも美味しくて、完食~♪
カフェラテと合います。


ランチは、
通りすがりに見つけた、French Market というレストラン。

d0356844_13262254.jpg


決め手は、Crawfish / ザリガニ が食べれること!
ザリガニを使った料理はどこででも食べれますが、
ザリガニを丸ごと出す店はとっても少ない。


d0356844_13312923.jpg

左 J のジャンバラヤ   右 私の Boiled Crawfish 1LB


d0356844_13341883.jpg

ザリガニ~
食べるところは尾の部分がメイン。
ハサミの所まで食べようと思ったけど、ちょっと大変;
しっかり味噌の部分も味わいました。
最高に美味しくて大満足!

殻を取るのが結構大変な割に、食べる部分がち~さいから
ボイルしたザリガニを提供するお店が少なくなったのかな?と。

J のジャンバラヤは、「2日前に作ってよく味が染みた感じ;」と。
味は良いけど、鮮度があまり…だったみたい。


日中蒸し暑いので

d0356844_13383762.jpg

イタリアン・アイスクリーム店でシャーベットを。

マンゴー、ラズベリー、そして ライム&バジル.
アラスカではシャーベットなんて食べる気にならないから
久しぶりで美味しかった~
特にライム&バジルのさっぱり感がNOLAの蒸し暑いさに最高!


夜は、

d0356844_13402094.jpg

↑ここ、 Oceana Grill


d0356844_14035360.jpg

予想外に縦・横・奥行きのある広いレストランで、
案内されたのは落ち着いた中庭席。


d0356844_13425472.jpg

まずはドリンク。
J は 奥の " Sazerac "
NOLA のライ・ウイスキー カクテル。これがなかなか美味しい大人の味♪
私は、手前の Ruby Red.
コアントローにグレープフルーツジュース、ストロベリーピューレー、クランベリー&レモンジュースの
色目よりはさっぱりしたカクテル。


d0356844_13484104.jpg

手前、Greek Salad with Gater / アリゲーターのグリークサラダ。
奥は、Praline Duck / プラリーヌ ダック.

アリゲーターは興味本位で頼んだのですが、やっぱり鶏肉みたい。笑

d0356844_13575240.jpg

プラリーヌ・ダックは焼き加減も味付けも良く、美味しかった。
ただ、

d0356844_13535025.jpg

この添えられた、ち~~~~~~~~っこいケールの葉、
これしかなかったのかしら?(* ´艸`)クスクス


2日目の食事はすべて、★★★!
大満足な食事+おやつでした。(^o^)b

***** Thank you for visiting f's note *****



# by fsnoteak | 2019-05-25 07:00 | グルメ部 | Comments(14)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生、歩みの記録。