大切に見守ってきた

d0356844_03573417.jpg

ナガバモウセンゴケの蕾


d0356844_03574291.jpg

アンテナ、ピッ!^^


d0356844_06315769.jpg

そして、ついに開花。


d0356844_04092383.jpg




d0356844_03581293.jpg

一輪、一度限りの開花


d0356844_03582002.jpg

美しさを精いっぱい見せてくれて、


d0356844_03582963.jpg

3時間で閉幕。



***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
# by fsnoteak | 2017-07-07 21:00 | Greens & Nature | Comments(10)


夕食後、
レッド・サーモンが母川回帰しているか、湖の向こう側へ行ってみることに。

d0356844_09045118.jpg

↑10羽ほどのイーグルを確認。

d0356844_09051587.jpg

砂まみれになっているのも・・・・(* ´艸`)クスクス
これだけの数を見れるのは、良いサイン!

d0356844_09053675.jpg

ここが目的地。
氷河の水が流れ込んでいるため水が白いのだそう。

d0356844_09055182.jpg

反対側の川は、とっても澄んでいます。


d0356844_06410271.jpg

この大きなパイプが道路の下を通り、川を繋げているので、
こちらの川へ遡上を続ける鮭も。


d0356844_09063700.jpg

います、いますっ! 見れました~ o(^o^)o


d0356844_09071719.jpg

体が紅くなって、正に、Red Salmon.
Red Salmonが美しい!と感じる瞬間。
2005年、この紅さを初めて見た時の驚きを思い出します。

体色は、海洋生活期は銀白色で腹は白みがかっている。
成熟するにつれ、オス・メスともに、頭部を除く全身に婚姻色である紅色が発現し、
遡上前後の個体は鮮やかな紅色に染まり、この色が名前の起源となっている。

By ウィキペディア





d0356844_09083796.jpg

手前のブッシュは、サーモン・ベリー
もうしばらくしたら、サーモン・ベリーがあちこちで収穫出来ます。
酸味と存在感大!な種が沢山なので、あまりファンではありませんが。^o^;

d0356844_09073870.jpg

向こう側に青空。


d0356844_09075488.jpg

岩壁に咲く花達。


d0356844_09081646.jpg

Columbine / オダマキ、 真ん中は良く見えない; そして Fireweed / ヤナギラン


d0356844_09093727.jpg

周辺で咲いていた花達🌸


d0356844_09100329.jpg

これは同じ植物。花の時期とその後。


d0356844_09102582.jpg

Red Salmon の母川回帰が見れて、このシーズンのイベント、チェック!☑

夕食後のお出かけでも、まだまだ十分楽しめます。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
# by fsnoteak | 2017-07-06 21:00 | AK | Comments(12)

仕入れ担当者のお勧め



FDスーパーマーケットで、従業員のBさんと再会。
5年ぶりの挨拶と、現在の品揃えや鮮度の良さの感動と感謝を伝えたら、
「俺が仕入れ担当者だよ!115.png」と。
食べることが大好きなBさんだから、”きっと彼の働きに違いない!”って思ってました。
特に日本食や韓国料理が好きなので、まるで私の為の仕入れ担当者。^^

感動を伝えて嬉しくなったのか、
「今は、これもある!あれもあるんだ!」
と、店内あちこち案内してくれて、更の品ぞろえをアピール。(* ´艸`)クスクス

その中のお勧め2点を購入~

一つ目は、これ。

d0356844_02520084.jpg

大根?カブ?
店の裏まで行って、切ってまで見せてくれたその中は、

d0356844_02593649.jpg

わ~、美しい!

B「それ(カットしたやつ)、ポケットに入れて持って帰っていいよ!」
f「い、いえいえ!買います、買います!」

d0356844_03010550.jpg

漬物を作りたくなってスライス。


d0356844_03012287.jpg

小さい方は色味が薄く、" 鳴門巻き " みたい。^o^


出来上がりを楽しみにしていました・・・・・が;
翌日には色が抜けてしまって、残念な結果に。(´;ω;`)ウゥゥ
しかも硬く、ビーツのような土臭さが凄い;
この鮮やかな色を残して料理するには、どうしたらいいんだろう?
酢を使わない調理法でリベンジだ!


もう一点は、

d0356844_03115696.jpg

Cotton Candy Grapes / コットンキャンデイ・グレープs

その名のごとく、綿あめを食べている様な甘さ!( ゚Д゚)
これが自然な甘さなのか!? 
さすがのJ も、「甘すぎ~!」だって。f(^^;

これは凍らせて、シャーベット感覚で食べることにします。


新しい物は、びっくり!ドッキリ!だけど
それが楽しい♪


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
# by fsnoteak | 2017-07-04 07:00 | Food and Drink | Comments(8)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生の記録。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31