氷河へ Ⅱ

前回からの続編

ここでも、ルピナスとドワーフ・ファイヤーウィードが道案内。

d0356844_02135679.jpg

氷河の溶けた冷たい水際、流石に少々小ぶりだけど
綺麗に咲き誇る花達。


d0356844_02170289.jpg

撮りっこ。


d0356844_02173036.jpg



d0356844_02213279.jpg

氷河のアート展。


d0356844_02221080.jpg

不思議な崩れ方・・・・・


d0356844_02223486.jpg



d0356844_02225887.jpg

この山間部がハイウェイから見える部分。
(最後から2枚目)


d0356844_02232981.jpg



d0356844_02381609.jpg

戻り際、もう一回氷河の中へ。
次に来るときは、
もう同じサイズ、形じゃない・・・


d0356844_02500209.jpg

氷河の横でも咲く花達、
貴方たちはほんとに寒さに強いのね!


d0356844_02423444.jpg

花道を抜けて、この砂山氷河の左側へ


d0356844_02432446.jpg



d0356844_02451856.jpg

ここから氷河の上へアクセス可。
でも絶対安全とは言えないし、氷河を壊したり溶かしたくないので
私達はここから眺めただけ。



本日の他の植物達。

d0356844_02565389.jpg

もう秋色も。

d0356844_02572289.jpg


d0356844_02573809.jpg



トラックに乗った直後、雨が降り出しました。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
# by fsnoteak | 2017-07-16 16:00 | AK | Comments(6)

氷河へ Ⅰ


今にも降り出しそうなお天気でしたが、お出かけ。
50マイル先の大きな氷河現在通行止めで行けないので、
町に比較的近い、もう一つの氷河へ。

d0356844_09021985.jpg

氷河のトレイル入り口で、ルピナスがお出迎え。


d0356844_09030197.jpg

氷河の近くは気温も低い。
日当たりの良いハイウエイでは既にシーズンを終えたルピナスも
ここではまだ盛りで、蕾も沢山。

ルピナス属(学名: Lupinus、ルーピン、英: Lupin)は、マメ科の属の1つ。
耐寒性または半耐寒性の一年草または多年草、一部灌木状になるものもある。
地中海沿岸地方と南北アメリカ、南アフリカなどに200種以上が分布している。by ウィキペディア


このルピナスは、" NOOTKA LUPINE " 北アメリカ原産。


d0356844_09041411.jpg

ルピナスに導かれ、


d0356844_09050591.jpg

花達を愛でて進むと


d0356844_09052855.jpg

氷河が見えてきた。
まっすぐに進めないので、右側をぐるっと周って進む。

d0356844_09071651.jpg

d0356844_09074789.jpg

ルピナスと他の花とのコラボも素敵♪
ピンクの花は、" ドワーフ・ファイヤーウィード " = 背の低い種類のヤナギラン。


d0356844_09083600.jpg

茎と葉の色が濃い種類(右)のルピナスがありました。
同種で、成長過程の違いなのか?


d0356844_09093666.jpg

だんだん近くなってきた!


d0356844_09104726.jpg

左手にも広がる氷河。


d0356844_09112751.jpg

氷河を歩く、小さな人間たち。


d0356844_09132128.jpg

氷河が見えても、まだまだブッシュを通り抜けて・・・・


d0356844_09163697.jpg

やっと入り口ヘ到着。
この砂山、邪魔だなあ・・・
と思ったら、これも砂を被った氷河だった。f(^^;


d0356844_09175239.jpg

一か所、中に入れる部分が。


d0356844_09183076.jpg

奥はこんな感じ。


d0356844_09191764.jpg



d0356844_09185740.jpg



ここから右手に、

d0356844_09194885.jpg

広がる氷河。


d0356844_09271342.jpg


d0356844_09203951.jpg

この後、この右側へ行ってみます。


つづく


***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
# by fsnoteak | 2017-07-16 12:00 | AK | Comments(12)

この町に戻ってきてから
殆ど外食のチャンスがなく、" おうち・ごはん " ばかり。
一月分だと大量Upなので、見てくださる方々にもご迷惑でしょうし;
健忘録を前編・後編と2度に分けることにしました。

では7月前編の " おうち・ごはん " ~


7月2日

自分で焼いたパン、ジョージタウンで買って来たパン、アンカレッジのCostCoで買って来たパンなど
冷凍保存してあった全ての残り物パンを一斉大消費!
パンをカットして、前夜から卵ミルク液に浸し

d0356844_01183293.jpg

朝一で焼いて、朝食に " ブレッド・プディング "
卵ミルク液に入れる砂糖を減らしたので、焼きたてに純メープルシロップをかけて
キッチンでカシャカシャして作る、 ” なんちゃってカフェ・ラテ ” と一緒に♪
パンの種類がいろいろだと、味も思い出も楽しめました。^^
冷凍庫もすっきり!(^o^)b


その日の夜は、

d0356844_01185461.jpg

ハリバット(オヒョウ)のケバブ。
今回は彩よく、クスクスが良く合う♪


7月3日

バナナ・パイを作ってみた。

d0356844_01192481.jpg

ピーカン・ナッツを加えたグラハムクラッカー・クラスト、
カスタードクリームの上にバナナ、その上にタピオカ・プデイング。
そしてトップはメレンゲ。

d0356844_01194002.jpg

ピーカンナッツのクラストは大正解!
これからの定番になりそう。
甘さをかなり控えてあるので、私でも美味しく食べれました。


7月5日

ちょっと肌寒い雨の日だったので

d0356844_01200421.jpg

ニューオリンズで習った、ガンボ!
グリーン・ベル・ペッパーが無かったので、少々彩が寂しいですが・・f(^^;
涼しいAKの夏は、温かい食事も楽しめます。


7月6日

デザートに

d0356844_01203246.jpg

ラム・バターのバナナ・クレープ。
アイスクリームとローストピーカンをトッピング。
チョコレートソースをかけて完成~


7月9日

d0356844_01205825.jpg

クランチ・ペスト トッピングのハリバット。
大きめで固めのパン粉(US製)にペストを混ぜて乗せたら美味しかった。(^^♪
歯ごたえも楽しめます。


7月10日

久しぶりの手打ちパスタ。

d0356844_01212275.jpg

パスタ・マシーンが、ばらばらの状態でまだ段ボールの中なので、
今回は綿棒で伸ばして、本場イタリアンの真似っ子!(^~^)
カットも包丁で。

d0356844_01212954.jpg
あら、マッシュルームが・・・・(~~;

少々生地を薄くし過ぎましたが、私好み(^^♪
やっぱりフレッシュパスタは美味しい♪


7月12日

スーパーフードのキノア、

d0356844_01220076.jpg

チーズや卵、ハーブなどと混ぜて型どり。
それをフライパンで焼いて、


d0356844_01220936.jpg

キノア・ケーキ。
歯ごたえも良く、ヘルシー感大!なかなか美味しい♪
サラダにもキノアを混ぜて、横に添えました。
次は他のものも混ぜて作ってみたい。


7月13日

ハンガリー料理、
トリトット・パプリカに挑戦してみました。

d0356844_01224281.jpg

肉にごはんと玉ねぎを混ぜパプリカに詰め、余った肉mixは肉団子にして
トマトベースの煮汁でコトコト調理。

d0356844_01225190.jpg

トリトット・パプリカの付け合わせはポテト!が基本。
シンプルで素材の味を生かした、優しい味。
ハンガリーの食生活を垣間見れた気分。
現地で食べなかったことが悔やまれます。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
# by fsnoteak | 2017-07-15 07:00 | Cooking | Comments(10)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生の記録。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31