ベリーs を探しに

7月22日

晴れたーーーーーーーー!

d0356844_03372777.jpg

J は釣りに行く予定を変更し、
このお天気を楽しみながら、ブルーベリーを採りに行くことに。


d0356844_03393941.jpg

町を出た直後のガタガタ道で、ムースに会えた(^^♪
J によると、去年生まれた♂らしい。
もう一人立ちしてるのね。
しかし、いつ見ても妙な形の鼻だこと。(* ´艸`)クスクス


d0356844_03413381.jpg

沢山のコットングラス!


d0356844_03432773.jpg

今迄見たうちで一番綺麗で素敵なヘアースタイル。


d0356844_03435312.jpg

もっと近くまで行って、コットングラスの中に埋もれたかったけど、


d0356844_03444109.jpg

見た目よりも苔が深く、先はより深くなるので 断念;


d0356844_03471692.jpg

広がるコットングラスを、パノラマ写真に納める。


d0356844_00074611.jpg

目的地のブルーベリーは、残念ながらまだ未熟。


場所変更!


途中、ハイウェイでヤナギランチェック!

d0356844_03512341.jpg

陽を浴びて、美しく


d0356844_03520169.jpg

ハイウエイの両側を彩っています。


d0356844_03524690.jpg

次の目的地は、道なき山を登り・・・・

d0356844_03571224.jpg



d0356844_03532665.jpg

この先をまだ進んで


d0356844_03580397.jpg



d0356844_03541704.jpg



d0356844_03544248.jpg

山頂へ!
ここからの景色がなんとも美しい~

ここでもブルーベリーはまだ早いものの、少しだけ収穫。


d0356844_03553991.jpg

そして今度は、道なき山を下る。


d0356844_03590807.jpg

収穫はこれだけ。
J は熟したサーモンベリーも採ってました。

こんなに熟して見えるのに、
やっぱり赤いサーモンベリーは甘くない;
甘いのは見た目だけ。


この後、港へ行ったので
先日私が見つけた、黄色いサーモンベリーのブッシュへ。


d0356844_04035795.jpg

崖っぷちなので、背のあるJ でないと届かない。f(^^;


d0356844_04045008.jpg

やっぱり黄色いサーモンベリーは大きくて柔らかく、甘みもある♪
黒い点々のあるのは、家の周りに撒きました。
育つといいなあ~



***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2017-07-31 07:00 | AK | Comments(14)

7月17日

野暮用で町まで出たので、ちょっとお散歩。

港まで足を延ばし、

d0356844_10140956.jpg

あの" 黄昏の防波堤 " を歩いてみた。


d0356844_10143310.jpg

海は引き潮。
潮干狩りに行きたい気分だが、恐らくラッコが全部食べちゃっているとか;


d0356844_10150345.jpg

もうずっと前に残された船
船名は「 POLAR BEAR 」


d0356844_10152029.jpg

防波堤の先端には水色のベンチ。
海、空、島、風、カモメ、アザラシ、船の景色を独り占め。

d0356844_10154216.jpg

後方には広がる港。
何処からかイーグルの声。

d0356844_10162786.jpg

さ、戻ろ。


d0356844_10161101.jpg

この日の " 黄昏ポイント " には、
幾重にも重なる雲。


d0356844_10172677.jpg

今度は晴れた日に来てみよう。


***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2017-07-28 07:00 | AK | Comments(10)

氷河へ Ⅱ

前回からの続編

ここでも、ルピナスとドワーフ・ファイヤーウィードが道案内。

d0356844_02135679.jpg

氷河の溶けた冷たい水際、流石に少々小ぶりだけど
綺麗に咲き誇る花達。


d0356844_02170289.jpg

撮りっこ。


d0356844_02173036.jpg



d0356844_02213279.jpg

氷河のアート展。


d0356844_02221080.jpg

不思議な崩れ方・・・・・


d0356844_02223486.jpg



d0356844_02225887.jpg

この山間部がハイウェイから見える部分。
(最後から2枚目)


d0356844_02232981.jpg



d0356844_02381609.jpg

戻り際、もう一回氷河の中へ。
次に来るときは、
もう同じサイズ、形じゃない・・・


d0356844_02500209.jpg

氷河の横でも咲く花達、
貴方たちはほんとに寒さに強いのね!


d0356844_02423444.jpg

花道を抜けて、この砂山氷河の左側へ


d0356844_02432446.jpg



d0356844_02451856.jpg

ここから氷河の上へアクセス可。
でも絶対安全とは言えないし、氷河を壊したり溶かしたくないので
私達はここから眺めただけ。



本日の他の植物達。

d0356844_02565389.jpg

もう秋色も。

d0356844_02572289.jpg


d0356844_02573809.jpg



トラックに乗った直後、雨が降り出しました。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-07-16 16:00 | AK | Comments(6)

氷河へ Ⅰ


今にも降り出しそうなお天気でしたが、お出かけ。
50マイル先の大きな氷河現在通行止めで行けないので、
町に比較的近い、もう一つの氷河へ。

d0356844_09021985.jpg

氷河のトレイル入り口で、ルピナスがお出迎え。


d0356844_09030197.jpg

氷河の近くは気温も低い。
日当たりの良いハイウエイでは既にシーズンを終えたルピナスも
ここではまだ盛りで、蕾も沢山。

ルピナス属(学名: Lupinus、ルーピン、英: Lupin)は、マメ科の属の1つ。
耐寒性または半耐寒性の一年草または多年草、一部灌木状になるものもある。
地中海沿岸地方と南北アメリカ、南アフリカなどに200種以上が分布している。by ウィキペディア


このルピナスは、" NOOTKA LUPINE " 北アメリカ原産。


d0356844_09041411.jpg

ルピナスに導かれ、


d0356844_09050591.jpg

花達を愛でて進むと


d0356844_09052855.jpg

氷河が見えてきた。
まっすぐに進めないので、右側をぐるっと周って進む。

d0356844_09071651.jpg

d0356844_09074789.jpg

ルピナスと他の花とのコラボも素敵♪
ピンクの花は、" ドワーフ・ファイヤーウィード " = 背の低い種類のヤナギラン。


d0356844_09083600.jpg

茎と葉の色が濃い種類(右)のルピナスがありました。
同種で、成長過程の違いなのか?


d0356844_09093666.jpg

だんだん近くなってきた!


d0356844_09104726.jpg

左手にも広がる氷河。


d0356844_09112751.jpg

氷河を歩く、小さな人間たち。


d0356844_09132128.jpg

氷河が見えても、まだまだブッシュを通り抜けて・・・・


d0356844_09163697.jpg

やっと入り口ヘ到着。
この砂山、邪魔だなあ・・・
と思ったら、これも砂を被った氷河だった。f(^^;


d0356844_09175239.jpg

一か所、中に入れる部分が。


d0356844_09183076.jpg

奥はこんな感じ。


d0356844_09191764.jpg



d0356844_09185740.jpg



ここから右手に、

d0356844_09194885.jpg

広がる氷河。


d0356844_09271342.jpg


d0356844_09203951.jpg

この後、この右側へ行ってみます。


つづく


***** Thank you for visiting f's note *****



[PR]
by fsnoteak | 2017-07-16 12:00 | AK | Comments(12)

この町に戻ってきてから
殆ど外食のチャンスがなく、" おうち・ごはん " ばかり。
一月分だと大量Upなので、見てくださる方々にもご迷惑でしょうし;
健忘録を前編・後編と2度に分けることにしました。

では7月前編の " おうち・ごはん " ~


7月2日

自分で焼いたパン、ジョージタウンで買って来たパン、アンカレッジのCostCoで買って来たパンなど
冷凍保存してあった全ての残り物パンを一斉大消費!
パンをカットして、前夜から卵ミルク液に浸し

d0356844_01183293.jpg

朝一で焼いて、朝食に " ブレッド・プディング "
卵ミルク液に入れる砂糖を減らしたので、焼きたてに純メープルシロップをかけて
キッチンでカシャカシャして作る、 ” なんちゃってカフェ・ラテ ” と一緒に♪
パンの種類がいろいろだと、味も思い出も楽しめました。^^
冷凍庫もすっきり!(^o^)b


その日の夜は、

d0356844_01185461.jpg

ハリバット(オヒョウ)のケバブ。
今回は彩よく、クスクスが良く合う♪


7月3日

バナナ・パイを作ってみた。

d0356844_01192481.jpg

ピーカン・ナッツを加えたグラハムクラッカー・クラスト、
カスタードクリームの上にバナナ、その上にタピオカ・プデイング。
そしてトップはメレンゲ。

d0356844_01194002.jpg

ピーカンナッツのクラストは大正解!
これからの定番になりそう。
甘さをかなり控えてあるので、私でも美味しく食べれました。


7月5日

ちょっと肌寒い雨の日だったので

d0356844_01200421.jpg

ニューオリンズで習った、ガンボ!
グリーン・ベル・ペッパーが無かったので、少々彩が寂しいですが・・f(^^;
涼しいAKの夏は、温かい食事も楽しめます。


7月6日

デザートに

d0356844_01203246.jpg

ラム・バターのバナナ・クレープ。
アイスクリームとローストピーカンをトッピング。
チョコレートソースをかけて完成~


7月9日

d0356844_01205825.jpg

クランチ・ペスト トッピングのハリバット。
大きめで固めのパン粉(US製)にペストを混ぜて乗せたら美味しかった。(^^♪
歯ごたえも楽しめます。


7月10日

久しぶりの手打ちパスタ。

d0356844_01212275.jpg

パスタ・マシーンが、ばらばらの状態でまだ段ボールの中なので、
今回は綿棒で伸ばして、本場イタリアンの真似っ子!(^~^)
カットも包丁で。

d0356844_01212954.jpg
あら、マッシュルームが・・・・(~~;

少々生地を薄くし過ぎましたが、私好み(^^♪
やっぱりフレッシュパスタは美味しい♪


7月12日

スーパーフードのキノア、

d0356844_01220076.jpg

チーズや卵、ハーブなどと混ぜて型どり。
それをフライパンで焼いて、


d0356844_01220936.jpg

キノア・ケーキ。
歯ごたえも良く、ヘルシー感大!なかなか美味しい♪
サラダにもキノアを混ぜて、横に添えました。
次は他のものも混ぜて作ってみたい。


7月13日

ハンガリー料理、
トリトット・パプリカに挑戦してみました。

d0356844_01224281.jpg

肉にごはんと玉ねぎを混ぜパプリカに詰め、余った肉mixは肉団子にして
トマトベースの煮汁でコトコト調理。

d0356844_01225190.jpg

トリトット・パプリカの付け合わせはポテト!が基本。
シンプルで素材の味を生かした、優しい味。
ハンガリーの食生活を垣間見れた気分。
現地で食べなかったことが悔やまれます。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-07-15 07:00 | Cooking | Comments(10)


J 「イチゴが生ってるから見に行こう!」
と再びお誘いがかかり、夕食後にお散歩へ。

d0356844_08085163.jpg

この日も違った花達に出会えました。


d0356844_08093390.jpg

こちらはサーモンベリーの黄色。
赤いのより大きく実り、美味しく感じます。
完熟まで我慢我慢。


イチゴ・ポイントヘ到着。

d0356844_08090876.jpg

お!ち~っこいのが生ってる~


d0356844_08092342.jpg

イチゴの葉はそこら中でよく見るのですが、
実が見れたのは初めて。


d0356844_08145976.jpg

イチゴはこの一つだけ収穫してきました。
これをJ と半分こ。
ほんのり甘味があって美味しい~♪

これからイチゴを探す楽しみが増えました。^^



我が家の多肉植物、 " キーライム・パイ "
あれから花をつける気配は全く見せず;
それどころか、


d0356844_08311057.jpg

先っちょの色が変わって・・・・;


d0356844_08311884.jpg

枯れちゃうの?


d0356844_08312881.jpg

横から出ている新芽が、
この先の成長を引き継ぎそう。

初めての植物は、どう変化するのか
大変興味深い。


***** Thank you for visiting f' s note *****



[PR]
by fsnoteak | 2017-07-10 21:00 | Greens & Nature | Comments(10)

今期初のピクニック


久しぶりに晴れた日曜日。

d0356844_06084818.jpg

待ってました!ピクニック日和~


d0356844_06090367.jpg

早く家を出たので、一番人気のスポットを Get!


d0356844_06092617.jpg

まず、J は火をおこし、私は木の枝でスティックづくり。
一本は前の人が残してくれていったので、削りなおして再利用。


d0356844_06120936.jpg

火が落ち着くまで、私は近くを散策。
雲も楽しめる、いい天気(^^♪


d0356844_06101954.jpg

道路わきに咲く沢山の花達。


d0356844_06103987.jpg

d0356844_06105558.jpg

色んな花達を愛でて、いい気分♪

d0356844_06094302.jpg

ピクニック・エリアの近くに川があり、
川のせせらぎや鳥の声など、素敵な自然のBGM.
のどかだわ~


d0356844_06112201.jpg

ソーセージを焼いて、ホットドックを頬張る。
久しぶりのホットドック、外で食べる味はまた格別。


d0356844_06113650.jpg

そしてその後は、定番の焼きマシュマロ!
周りはこんがりサクサク、中はとろ~り。
美味しすぎ♡


ここを出発の際は、川から水を汲んで火の始末、
ステイック2本は次の人へとテーブルに残して。


d0356844_06164715.jpg

Buckbean / ミツガシワ の後、一帯を埋め尽くしているのは
私は ” 乱れ髪さん ” と呼ぶ(笑)、コットングラス。


d0356844_06171261.jpg

咲き乱れる、ウオーター・リリー。


d0356844_06173996.jpg

トラックを走らせ、この日最後のチェック・ポイントは


d0356844_06180550.jpg

ルピナス。
ハイウエイの両側を埋め尽くしてとっても綺麗。


d0356844_06184895.jpg

目も、耳も、お腹も、
そして気持ちも満たされたピクニック。
楽しかった!


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-07-09 18:00 | Life & Culture | Comments(10)

夕食後のお散歩 " 花 "


J 「見せたい花がある!」
と、夕食後お散歩へ。

d0356844_07022457.jpg

家からず~~~~っと道なりに咲いている黄色い野草。
これは J の通勤路。


d0356844_07053606.jpg

途中の家の庭には、
1964年以降、使われなくなって錆びた " 蟹漁具のかご ” が山積み。
カニよ~、戻ってこーい!


d0356844_07140782.jpg

↑ あちこちで見かける花、「アキレア」の白とピンク。


J「 ↓ これだよ!」

d0356844_07151140.jpg

わ!濃いピンク!
この色は初めて見ました。


d0356844_07512420.jpg

調べてみたら、他に黄色もあるのだそう。


d0356844_07241560.jpg

小川を飾る青い小花は


d0356844_07252401.jpg

アラスカの州花、forget-me-not / 忘れな草
私のお気に入りの花の一つ。


d0356844_07304367.jpg

別の御宅のライラックも楽しませてもらいました。


d0356844_07322123.jpg

シロツメクサも愛でた帰り道。


初めて見た濃いピンクの「アキレア」を始め、

沢山の花達に気持ちを満たしてもらったお散歩でした。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-07-08 21:00 | Greens & Nature | Comments(8)

大切に見守ってきた

d0356844_03573417.jpg

ナガバモウセンゴケの蕾


d0356844_03574291.jpg

アンテナ、ピッ!^^


d0356844_06315769.jpg

そして、ついに開花。


d0356844_04092383.jpg




d0356844_03581293.jpg

一輪、一度限りの開花


d0356844_03582002.jpg

美しさを精いっぱい見せてくれて、


d0356844_03582963.jpg

3時間で閉幕。



***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-07-07 21:00 | Greens & Nature | Comments(10)


夕食後、
レッド・サーモンが母川回帰しているか、湖の向こう側へ行ってみることに。

d0356844_09045118.jpg

↑10羽ほどのイーグルを確認。

d0356844_09051587.jpg

砂まみれになっているのも・・・・(* ´艸`)クスクス
これだけの数を見れるのは、良いサイン!

d0356844_09053675.jpg

ここが目的地。
氷河の水が流れ込んでいるため水が白いのだそう。

d0356844_09055182.jpg

反対側の川は、とっても澄んでいます。


d0356844_06410271.jpg

この大きなパイプが道路の下を通り、川を繋げているので、
こちらの川へ遡上を続ける鮭も。


d0356844_09063700.jpg

います、いますっ! 見れました~ o(^o^)o


d0356844_09071719.jpg

体が紅くなって、正に、Red Salmon.
Red Salmonが美しい!と感じる瞬間。
2005年、この紅さを初めて見た時の驚きを思い出します。

体色は、海洋生活期は銀白色で腹は白みがかっている。
成熟するにつれ、オス・メスともに、頭部を除く全身に婚姻色である紅色が発現し、
遡上前後の個体は鮮やかな紅色に染まり、この色が名前の起源となっている。

By ウィキペディア





d0356844_09083796.jpg

手前のブッシュは、サーモン・ベリー
もうしばらくしたら、サーモン・ベリーがあちこちで収穫出来ます。
酸味と存在感大!な種が沢山なので、あまりファンではありませんが。^o^;

d0356844_09073870.jpg

向こう側に青空。


d0356844_09075488.jpg

岩壁に咲く花達。


d0356844_09081646.jpg

Columbine / オダマキ、 真ん中は良く見えない; そして Fireweed / ヤナギラン


d0356844_09093727.jpg

周辺で咲いていた花達🌸


d0356844_09100329.jpg

これは同じ植物。花の時期とその後。


d0356844_09102582.jpg

Red Salmon の母川回帰が見れて、このシーズンのイベント、チェック!☑

夕食後のお出かけでも、まだまだ十分楽しめます。


***** Thank you for visiting f's note *****


[PR]
by fsnoteak | 2017-07-06 21:00 | AK | Comments(12)

再び!アラスカの大地へ。        日々の出来事。             私の人生の記録。